債務整理はゴールではなくスタートライン

2019.02.06 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
240万円
借入期間
4年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

正社員として働いていた時の生活レベルを下げられずに借金。

正社員として働いていた時に、上司が不正をしている事実を発見し会社に通告しました。本来は保護される筈ですが、残念ながら社長と上司にはコネクションがあり、事実上の解雇をされたのは私でした。失業に伴い就職活動をしましたが、中々見つからずに生活費のために借金を繰り返していたら、一気に増えてしまいました。借りては返しを繰り返していると、既に返済が不可能と思われる水準まで借金が膨れ上がっていることに気付き、初めて事態の重大さに気が付きました。債務整理の方法すら最初に分からず、取り立てに対してどう対処すれば良いかも分からない状態に日々怯えている状態だったのです。

エポスカード、オリコ、バンクイックから各80万円の借金。月々8万円の返済。

エポスカードとバンクイックについては、一度返済が遅れたことがありましたが、以後は何とか支払いを続けていました。オリコについては、勤務先にまで電話を毎日掛けてきたので、転職先の会社から契約更新をしてもらえず、再度失業する原因となってしまいました。そこで、債務整理が終わるまでの間は定職に就けず、フリーター生活が続くことになりました。複数のアルバイトを掛け持ちした上で、何とか生活を行っていたものの、生活レベルを限界まで落とすことになったのです。結果として、エポスカードとバンクイックへの支払いを優先して、オリコへの支払いは後回しになりました。

自己破産により借金返済が全額免除されました。

自己破産により、毎月の返済額が8万円からゼロになりました。債務整理を行なうために、法テラス経由で弁護士を紹介してもらいました。任意整理や個人再生を視野に入れましたが、既にオリコの執拗な電話攻撃により職を失っていたので自己破産が適しているとアドバイスを受けて、自己破産の方法を選びました。フリーターとして働きながらも、デバッグ作業のアルバイトが安定しているので月収が上がり25万円前後まで増えています。更にステップアップすることで、プログラマーへ昇格出来たらと考えられるほど将来を見据えた勤務が出来る状況になりました。

生活設計を一からやり直すことが出来ました。

債務整理の方法については、複数あることは弁護士から説明を受けましたが、生活再建が最大の目的という点では変わりませんでした。自己破産を選んだことで、借金返済義務はなくなりましたが、家計の収支にマイナスが許されなくなった事実があります。生活水準を収入に見合った範囲に留めて、生活を立て直すことから始めなければならないことを弁護士に教えてもらいました。家計簿を付けることで冷静に無駄遣いを把握出来ることも、初めて学んだことの1つです。自己破産は、自分の生活を立て直すための再スタートラインと考えることが大切だと知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

保証人がある借金を任意整理した時、保証人に与える影響は?

目次保証人付きの借金。任意整理をしたら、返済義務が保証人へ…

任意整理をしても携帯電話やスマホの分割購入ってできる?

目次任意整理をしても携帯電話の新規購入や機種変更は可能!現…

バンクイックの債務整理体験談

母の借金を肩代わりして自分が借金地獄に。

借入額100万円

事故のような思わぬ失業生活

借入額300万円

お金持ちなんだという意地から抜け出せずに借金生活を送るように

借入額340万円

連帯保証人の役目を果たそうとしたら借金地獄に

借入額430万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

収入が少なくて生活費のために借りました。

借入額60万円