離婚の慰謝料を払うのに借金をし、借金地獄にはまりました。

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
2年4ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私の浮気が原因で離婚をすることになりました。離婚の慰謝料を請求されていましたが、手元にお金がないので、消費者金融で借りることにしたのです。離婚したからといって浮気相手とうまくいくとは限りません。浮気相手ともすでに別れており、精神的なダメージはかなりのものでした。そこに借金の返済が重なるわけですから、立ち直ることもできません。仕事中もぼーっと考え事をしており、同僚に『具合でも悪いの?』と言われる始末です。借金の返済が難しくなってくると、社員食堂で食べていた食事もカップラーメンだけになりました。夕食も妻と子供がいない自宅で空しく一人で食べました。食事をしながら家族と借金の返済について考えると、涙が出てきました。ですが、すべては自業自得だったのですから救いようがありません。

すでに預金は1万円を切っていました。

<督促方法>郵便による督促
<督促の詳細>借金を滞納するようになったきっかけは、4社から借り入れをするようになってからです。借り入れをした時は少しやけくそになっていましたが、滞納する頃には、なんであんなバカな借り方をしたのだろうと、猛省しました。翌月、とうとう返済するお金がなくなりました。滞納をすることになったのです。滞納すると、業者は手厳しい督促をして来ます。私の場合は、まず、督促状が来ました。ついに来たかと思い、覚悟を決めて中を見ると、厳しいことは書かれていませんでした。ところが、2通目の督促状は、文面が厳しくなったのです。これに対して、私は滞納をしてしまった業者に電話を入れて、返済期間を延ばしてくれないか交渉をしてみましたが、時すでに遅しでした。すべての人が自分の敵に見えるようになりました。

司法書士に相談をしました。

私の知り合いには弁護士はいませんが、司法書士はいます。司法書士に今回の顛末について話をしてみたところ、任意整理をしましょうと言うことになったのです。任意整理をするとどのようになるか私は知識がありませんでしたので、司法書士に聞いて見ると、滞納した業者と和解することで、債務を減額することができるということでした。過払い金がある場合には、請求をすることができるということも教えてくれました。私には過払い金もあったおかげで50万円ほど債務を減額することができるそうです。もし、訴訟までする場合にはそれ以上の減額が可能と言うことでしたが、司法書士は訴訟についての権限がないことから、どうしても訴訟をしたいなら弁護士に相談した方がいいということでした。私は、和解でいいのでよろしくと伝えました。結果的に債務が55万円も減額され、返済し易いようになったので、司法書士にはとても感謝しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理では将来利息以外もカットできる

目次任意整理をすると利息が免除される仕組み任意整理ではいく…

任意整理にかかる費用は?弁護士費用を安く抑える3つの方法

目次任意整理にかかる弁護士費用の相場と内訳「手元に依頼費用…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

レイクの債務整理体験談

その頃は安定した収入がありましたが、収入の範囲内で生活をすることが出来ず、お金にとてもルーズな暮らしでした。

借入額480万円

アイドルの追っかけに、はまってしまい借金をしました

借入額150万円

過払い金請求って簡単なんです!

借入額150万円

私の苦しかった任意整理の体験談とは

借入額200万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

病気で仕事を休んだことで収入が減ったので借金に頼りました

借入額155万円