車にお金を欠けすぎて借金地獄になりました。

2019.01.10 更新

会社員

借入先業者名
借入額
234万円
借入期間
4年0ヶ月
毎月の返済額
13万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

借金をしてからというもの、毎日が憂鬱でした。まず、朝目覚めると憂鬱でした。会社員が会議で怒られるので憂鬱だという感じとは少し違い、お先真っ暗な感じなのです。人間、希望があるのは未来についてだけです。嫌なことがあっても未来が明るいから生きていけるわけです。ですが、借金をしている状態とは、未来からお金を借りて使っているわけで、その分未来に対して希望がなくなるのです。食生活も変わりました。今までは気軽に外食をしていましたが、ほとんど家で食べることになりました。たばこもやめ、お酒もやめて無駄を一切省くと、何も面白いことがありません。車もガソリン代がかかるので乗らなくなりました。ここまで切り詰めて思ったことは、私は今まで随分と恵まれた生活をしていたのだと言うことです。

持ち金は1万円だけで、すでに滞納から2週間が経過していました。

<督促方法>郵便と電話での督促
<督促の詳細>いよいよ借金の支払いができなくなると、ほどなく督促状が届きました。1回目の督促状は早めに支払ってくださいとしか書かれていません。確かにおっしゃる通りです。反論の余地がありません。ですが、払えるお金もない状態ですので、再び滞納をせざるを得ませんでした。やがて電話が毎日のように鳴ります。私はその段階で3社の債務を払っていなかったので、電話が1日何回かなるだけで、スマートフォンの充電が半分ぐらいに減りそうな勢いでした。毎日着信履歴を見るのがうんざりだったことは今でも忘れられません。2ヶ月ほどが経過して、とうとう2回目の督促状が届きました。督促状の文面を見た途端、私は絶句しました。『法的手段をとります』と書かれていたのです。その瞬間意識を失いそうになり、その場に立っているのがやっとでした。

司法書士に相談をしました。

私はふらふらになりながら部屋に入り、パソコンのスイッチを入れました。滞納について調べてみると、解決策としてはやはり弁護士や司法書士にお願いするしかありません。私の友人に恥を忍んで相談してみたところ、債務整理に強い司法書士の知り合いがいると言うことでしたので、その人にお願いをすることに決めました。翌日、私は司法書士事務所に駆け込みました。司法書士さんに早口で私の用件を述べると、少し待たされてから、私の正面に座って話を聞いてくれたのです。一通り話をすると、個人再生ができるということだったのです。ただ、訴訟になる場合は司法書士にその権限がないため、弁護士さんにお願いする必要があるといわれましたが、それでもいいのでお願いをしました。結果的には、わたしの債務は5分の1まで減らすことに成功をし、3年後に完済することができてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

必読!ローンの任意整理による解決方法と関係まる分かり!

目次誰でもわかる!苦しい借金返済を解決してくれる任意整理と…

内緒で任意整理したい!個人情報や秘密は絶対に守られる?

目次任意整理をしたい…家族や勤務先に内緒でできる?「絶対に」…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

モビットの債務整理体験談

前夫のリストラとギャンブルが原因で自己破産に。

借入額250万円

パチンコに通いたくて借金をし、パチンコにも借金にも歯止めが利かなくなって終わりのない借金生活に陥りました。

借入額250万円

パチンコに給料を使い込み、その穴埋めのために借金をしたのが全てもの始まりでした。

借入額400万円

債務整理により多重債務から脱出する事が出来ました

借入額120万円

給与を競馬で使い果たした為、補てんしようと思い借金しました。

借入額250万円

過食をするための食費にお金を借りました。

借入額500万円