まだ大学生の時に妊娠してしまい、その中絶費が手元になく、借りたのが始まりです。

2017.11.29 更新

20代

月収
借入先業者名
借入額
10万円
借入期間
2年前から現在まで
毎月の返済額
4000円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初は返せるつもりで借りていたのですが、いつの間にかカードのお金を借りているという気持ちではなく、「いずれは返すから前借りしている」と変な考えをもってしまい、返しては借りてまた返したら借りての繰り返しにはまってしまい、お金を借りる前よりもお金に関してルーズになってしまいました。あまり自覚は最初のころはなかったのですが、月日がたつにつれて罪悪感も減り、返さなくてはいけないという責任感も減ってしまいました。きっかけがきっかけだったのでかりた理由はしょうがないかもしれませんが、あの時正直に親に借りていればもっと今の生活が余裕があって、自分自身ももっと気持ちの持ち方が違います。正直貸してくれた企業様には感謝していますが借りたことはかなり後悔しています。

仕事中や家で休んでいる時

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>初めは滞納した時に「○○月の支払いがまだなので○○円お支払いしてください」と電話があったのですが、そのまま支払えるコンビニに行く時間を作れずに滞納していると企業名は伏せた状態で郵便物がきました。そのまま支払うことができずにいると1日にきていた催促の電話が2回に増えていました。1カ月たつと郵便物がまたもう一通同じ内容のものが届きました。そのときは催促の電話は1日に2~3回に増えていました。2ヶ月目になるとまたもう一通同じ郵便物が届き、催促の電話と留守番電話が1日に4~5回に増えていきました。3ヶ月めの手前くらいになったとき、滞納期間が長過ぎて「○○月○○日までにお支払いいただけない場合は裁判という形ととらせていただきます」という手紙が届きました。その時の催促の電話は1日で5~6回ありました。

どうにかお金を作って支払いをしました

最後の書類が届いた1週間後にやっと払いに行くことができました。その時報告も兼ねて謝罪の電話を入れた時、滞納金を支払うのがあと一日遅れると裁判沙汰になっていたと聞きました。電話の対応はとても良くて私の事を心配していたような話をしました。お話させていただいた人はかなりヒヤヒヤしていたようで支払ったことを伝えると凄く安堵した様子でした。仕事場はその時変えてしまっていたので登録していた前の職場に電話がかかってきていたのかもしれません。親には秘密で借りていたので、裁判になるとどうなるのか想像もつかないぐらい怖かったのと、ばれたらどんなに怒られるか、そして心配をかけるのかわからなかったのでとりあえず支払いの催促できていた郵便物はすぐに全て捨てて証拠隠滅をしました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

モビットの借金返済体験談

生活費がアルバイトだけでは足りずに借金。返済ができない程の多重債務者に。

借入額100万円

親から振り込んでもらった学費を使い込み借金。計画的に返済できずに借金に悩む事になりました。

借入額90万円

愛犬がトラブルを起こしてしまい弁償金を支払うことになったためにキャッシングをした。

借入額50万円

ギャンブルで多額の借金を作ってしまいました

借入額250万円

家賃を払うと、どうしても生活費が足りなくなってしまうのでカードローンを使うようになりました

借入額120万

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円