同居から逃げる為に、お金を借りました

2019.03.12 更新

主婦

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
5年間
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

両親がいない私は義親の事を信頼していたので、同居を持ち掛けられた時すぐに承諾しました。しかし一緒に住むと嫌なところばかり見え、胃腸炎や脱毛症になる程ストレスを感じてしまったのです。何度も同居解消を訴えましたが誰も聞いてくれず、自分を守る為に私は家を借りて暮らす事を決意しました。次の生活を始めるにあたって必要なお金は全て借金で賄い、自由を手に入れる為行動に移したのです。ですが現実は甘くなく、すぐに返済に追われる様になりました。私は複数のパートを掛け持ちした上に、見切り品やモヤシを活用する等懸命にお金を作りました。自分が望んだ事とは言えお風呂さえも高級に思える程一切の無駄が無い生活はとても辛く、借金してしまった事を何度も何度も悔やみました。

パート先の一つが会社都合でパート全員休みにした為、お金を作れなくなり返済出来なくなってしまった。

<督促方法>郵便で催促状の後、電話で一括請求
<督促の詳細>ギリギリの生活で何とか返済を続けていたのですが、ある時急に勤め先の一つがパート全員に一週間休む様に言ったのです。本部の指示らしいのですが、急に休みになると給料が減ってしまいます。その為働きたいと必死で掛け合ったのですが駄目で、翌月私はとうとう返済出来なくなってしまいました。返済出来なくなるとすぐに催促状が届いたのですが、電話代が勿体ないのでカード会社に連絡できずにいました。するとカード会社の方から携帯に連絡が来たので、私はすぐに支払えない理由を説明しました。しかしカード会社は連絡無しに返済が滞っている現状は問題ですの一点張りで、カード規定に従って一括で返済してくださいと言ってきたのです。呆然としている間に電話は切れ、電話代を節約したばかりに大変な事になったと私は怯えていました。

弁護士の無料相談に行きました。

このままではマズイ事になる、そう思った私は弁護士相談が初回無料な事を思い出しました。無料なら一度だけ話を聞いてもらおう、そう思って弁護士に相談に行ったのです。そして弁護士に今までの経緯を説明すると、貴方の場合任意整理が適切と思いますと言われました。そして今後弁護士が仲介に入って返済するのが任意整理なので、カード規定に反しても一括請求は無効になりますと説明されたのです。それを聞いた私は出来るならすぐに依頼したいけどお金が無いので少し黙っていると弁護士は続けて、今後の交渉次第では利息を無しにする事が出来ます。その利息の差額分を弁護士費用に回す事が出来るので、弁護士費用は心配いらないですよと言ってくれたのです。それならと安心してすぐに依頼すると、その後本当に一括請求はもちろん催促状すら来なくなりました。更に交渉で利息を無くしてくれたので、元金だけの返済になりとても楽になりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

楽天カードの債務整理体験談

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

私が借金を始めたきっかけは風俗でした。貯金も使い果たし、挙げ句、借金をすることになったのです。

借入額200万円

払える額に変更できました。

借入額150万円

夫に内緒で買い続けたダイエット食品

借入額160万円

母親の介護で背活費に不足が出て借金をして補てんしていました

借入額130万円

見栄を張った生活のためにキャッシングリボで借金地獄に陥りました

借入額175万円