ゲームにはまってしまい、借金生活になりました。

2019.03.30 更新

会社員

借入先業者名
借入額
305万円
借入期間
5年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

インターネットでゲームをしているうちに、手持ちのお金だけではどうしようもなくなり、借金をすることにしました。私の仕事は夏と冬で大きく給料が違う仕事ですので、収入に安定感がありません。1社から限度額まで借りた段階で、もし返済が夏に突入するとなれば返済できない可能性が高くなってくるのです。特にその年は仕事が少なかったので、返済不能になり、意識を失いそうになりました。1社目の借金を返すのに、2社目から新たにカードを作って返済をする日々が続きます。そこまで行くと、もはや立ち直ることが不可能になって行きます。起きている時は常に借金のことが頭にあり、寝ている時も借金取りに追われて、捕まる夢を見ます。精神的に少しおかしくなっていたのかもしれません。自転車操業を繰り返すうちにあれよあれよと借金が膨らみ、最終的には300万円を越えてしまいました。

給料以上に返済額がふくれあがっていました。

<督促方法>郵便と電話での督促
<督促の詳細>1社でも滞納をし始めると、立て続けに他の会社からも滞納をしてしまいます。せき止められた川のわずかな堤防の穴から水が漏れて、一気に堤防を押し破る感じです。滞納をしてから3週間も経過しないうちに、督促状が届きました。それに続き、他の会社からも督促状が届くようになります。やがて、毎週のように督促状が届きますが、返済できるお金はありません。だめ押しに今度は電話が鳴り響きます。私は電話に出てみると、優しい口調で話す相手の声が電話の向こうから聞こえてきました。返済したくてもできない旨話しますが、『期限までに支払ってください』の一点張りで押し問答がしばらく続きます。他社の電話についても同じような感じでした。俯瞰してみれば、私は自力では抜け出すことのできないほど深い谷底に落ちてしまったようです。

弁護士さんに個人再生をお願いしました。

自力ではどうにもならない状況になると、もはや頼ることができるのは他人だけです。私は、このような状況になったら弁護士に相談しようと決めていたのです。そこで、以前ネットで見つけた法律事務所に電話をしてみました。その法律事務所では、債務整理を専門に扱っているため、どんな状態になっても私を助けてくれると思いました。案の定、私はその法律事務所に助けられることになります。弁護士さんに今までの顛末を話すと、現在の債務額と収入を見比べて、『個人再生が一番妥当な解決方法かもしれません』と提案してくれました。個人再生をする場合、裁判所に提出する書類が多くなりますが、任意再生に比べると、返済する額が減少することを教えてくれたのです。結果的に、債務は60万円ほどに減額し、それを3年間で返済することに決まりました。正直、ホッとしました。弁護士事務所を出た時に見た青空を、私は一生忘れないでしょう。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

喜びをゲットすることができました

借入額300万円

病気休業は独り暮らしの盲点でした

借入額350万円

債務調査は専門家に任せる必要があります

借入額150万円

約10年間の借金。過払い金請求でお金が戻りました。

借入額125万円

リボ払いは打ち出の小槌ではありません

借入額160万円

借金して返済を3ヶ月続けたら多重債務者です

借入額250万円