友人を助けるために自分も借金しましたが、結果的にお金が足りなくなった為に自分も借金する羽目になりました。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
10年以上
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコムから100万円、プロミスから100万円、レイクから100万円、借りていて最初はお金に余裕があったのでスムーズに返済ができていました。
しかし、仕事がサービス業というお客相手の商売のため、業績が悪化した後は給料も減額になり、ボーナスは出ないという年が続きました。
そうなると、返済が苦しくなり、滞納する日々を送る羽目になってしまいました。
同居人である友人には申し訳ないと思いましたが、友人からもお金を借りたり、知人や知り合い、親兄弟にも頭を下げて何とか生活費は確保しました。
滞納金額が分からないまま利息だけが増え続けて、結果的に想像もできないような金額に膨らんでいました。
自分が食べていく分には確保できていましたが、滞納額を減らせないまま月日だけが流れており、精神的にも非常に不安定になりました。

業者から郵便での督促があり、このままだと裁判になるという文面がありました。

<督促方法>郵便での督促
<督促の詳細>最初の頃は借りた地域と今住んでいる地域が離れていることもあり、督促も郵便や電話といった間接的なもので済んでいましたが、ある日から週に数度という割合で家に支払い督促がくるようになりました。その時も録音レコーダーのようなものを用意して、こちらの言動を一言一句記録している様子で非常に怖い思いをしました。滞納している期間が長いという認識は持っていましたが、裁判を起こされるとどうしようもないという認識を持っていたので、仕事から帰ってもできるだけ来客には出ないようにしていました。同居人である友人にも督促について色々と話しているようで結果的に迷惑をかける羽目になりました。会社にまで押しかけてくることはなかったですが、週に何度も家に来られるだけではなく、毎日のように電話がかかってくるので気が休まる暇がありませんでした。

居留守を使ったり、電話には出ないようにしていました。

同居人である友人と綿密に相談をしてインターネットを駆使して、色々と調べてみると、時効というやり方があるというのを知り、滞納してからすでに五年以上は経過していたのでそれを決行することにしました。
インターネットでは本人が相手に郵便として送ればよいと書かれてありましたが、失敗した場合は裁判にまで発展してしまう危険性があったので、弁護士事務所を通すことにしました。
すると、債務整理を行うにしても自己破産を行うにしても、様々なプランがあるし、支払い方法も毎月無理のない程度で分割払いというかたちが選べたのでお願いすることにしました。
弁護士事務所の担当者が非常に親身になって相談に乗ってくれたので、お願いすると、数か月で督促は止まってくれました。
結果的に時効は成立したので、専門的なことはプロに任せるのが一番だと知りました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

レイクの債務整理体験談

自営業は簡単ではありませんでした

借入額320万円

パチンコにはまってしまい、借金地獄に。

借入額240万円

身内の借金は肩代わりよりも債務整理を勧めたい

借入額200万円

収入以外に自由に使えるお金が欲しくて借金、収入が減ってしまい借金地獄に陥りました。

借入額250万円

過払い金請求をして、借金地獄から解放されました

借入額280万円

ギャンブル依存症で賭け事をやめられなくて借金を重ねていました

借入額320万円