友人の口車に乗せられ、借金が雪だるまのようになりました。

2017.11.29 更新

OL

借入先業者名
借入額
650万円
借入期間
5年5ヶ月
毎月の返済額
15万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人の口車に乗せられて、ブランド品のバッグやら高級時計などを借金をして買いました。それを転売すれば儲かるという話でした。当時、会社員に嫌気が差していた私は、その話に飛びついてしまいました。とにかく現状から抜け出したいという気持ちが強かったのです。限度額まで借りた私は、実際に売ってみると、儲かるどころか、赤字になってしまったのです。それを繰り返しているうちに、とうとう8社から借金をするようになりました。心理的にはかなり憂鬱な毎日です。寝ても覚めても借金取りに追われている状態です。食事ものどを通らず、日の当たらない坂道を歩き続ける生活です。仕事も夜勤バイトを週に3回ほど入れて、体力的にも限界が近づいていました。もし、警察で借金の恐怖を訴えるポスターを作るなら、疲れ果てた私の顔写真を使って欲しい、そう思っていた矢先に督促状が届いたのです。

すでに3社滞納していました。貯金はわずか4,000円だけです。

<督促方法>電話と郵便での支払い督促
<督促の詳細>督促が初めて来たのは、延滞をしてから1ヶ月経過する前です。督促状をおそるおそる開くと「現在振り込みがされていませんので、期限までにお支払いください。」といった内容でした。いきなり訴訟になるのかと思ったら、そんなことはありませんでした。おそらく、お金はあるけども、預金にお金を入れておくのを忘れて滞納してしまった人もいるからでしょう。ところが、滞納2ヶ月目には、厳しい内容の督促状が届きました。今度こそ裁判所に訴えますという内容でした。読み終わると額が汗ばんでいます。まるで、いい加減な人生を歩んできた私を糾弾するかのような内容でした。督促状だけではなく、電話も毎日のように鳴ります。1日10回以上は鳴っていたでしょうか。督促の電話だけで携帯電話の電池が随分と減ってしまい、毎日会社から帰るときに電池がない状態が続いたのです。

弁護士事務所に駆け込みました。

借金で首が回らないとはまさしくこのことです。私は、窮地に立たされ、自力ではどうにもできない状態が続いていたため、弁護士さんに相談をしてみました。相談をする場合には、相談料が無料だったので助かりました。弁護士さんに私の顛末を話すと、個人再生を勧めてくれました。私は、詰め腹をするぐらいの覚悟で法律事務所に行ったのに意外な結果でした。最低でも自己破産は逃れられないと思っていたのです。個人再生は債務額を5分の1まで減額出来るか、あるいは100万円まで減額することができるのですが、私の債務は650万円までふくれあがっていたこともあり、100万円までの減額をすることになります。5分の1に減額しても、130万円の借金が残るからです。5ヶ月ほどが経過して、個人再生手続きが完了し、その月から弁護士さんの指定した口座にお金を振り込んでいます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

借金を減らしたい!借金減額の方法や仕組みを詳しく解説

目次借金は減額できるの?その方法は?債務整理とは?債務整理…

債務整理の取引履歴の開示請求って?注意点とうまくいくポイントとは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

債務整理後にもクレジットカードを使いたい|デメリットを減らすには

目次債務整理をしても、クレジットカードは使える?債務整理の…

楽天カードの債務整理体験談

債務整理による生活の変化

借入額203万円

生活費の補てんで借金が膨れました

借入額130万円

債務整理って最初は少し抵抗がありました

借入額140万円

生活費が足りないため、借金をしました。

借入額200万円

家族カードの管理は難しい現実

借入額390万円

結婚詐欺に遭っていると気付かずに貢ぎました

借入額150万円