生活費を補うために、借金をしました。

2019.01.10 更新

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
2年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私はもともと、派遣社員として会社に勤めていました。しかし、不況の影響で仕事をクビになってしまったのです。仕事を探しながらしばらくは貯金を崩して生活していたのですが、それも限界がありました。そのため、生活費を得るために消費者金融でお金を借りることにしたのです。返済をしていける自信は正直ありませんでしたが、生活をしていくためには必要なことでした。1年ほどして新しい仕事が見つかり、借金をする必要はなくなりました。しかし、少ない収入で借金を返済していくには限度があったのです。50万円は頑張って返すことが出来ました。残りの100万円がどうしても返済出来なかったのです。そしてしばらくすると、借金返済の催促状が自宅に届くようになりました。私は見て見ぬ振りをし続けました。

催促状を無視し続けた自分が悪いのだと思いました。

<督促方法>給料の差し押さえ
<督促の詳細>自宅に借金返済の催促状が何度も届いたのに、私は無視をし続けました。返済することが出来ないから、現実逃避をしたかったのだと思います。そして催促状が届いてから数ヶ月経ったとき、給料を差し押さえるとの連絡が来ました。給料を差し押さえられてしまったら、この先生活をしていけません。しかし、すぐに借金を返済することも不可能です。私は八方塞がりでしばらく悩み続けました。借金を肩代わりしてくれるような身内はいませんでしたし、もし仮にいたとしても頼むのは申し訳ないです。私は、何とか給料の差し押さえを取り消す方法はないかとネットで調べました。そして、債務整理をおこなえば給料の差し押さえを防ぐことが出来ると知ったのです。私はすぐに弁護士に依頼をしました。

債務整理をしてもらえるように依頼をしました。

債務整理をおこなっている間は給料の差し押さえを停止することが出来るということで、私はさっそく弁護士に依頼をしました。私は債務整理のことをよく知らなかったのですが、弁護士は私でもわかるように説明をしてくれました。給料の差し押さえを止めるためには、自己破産や個人再生をするしかないとのことです。任意整理についても説明してもらったので、それではだめなのかと聞いたところ、給料の差し押さえには効力がないとのことでした。私は自己破産をすることに多少の抵抗はありましたが、この先生活していくためには仕方がないと思い、自己破産することに決めました。自分の力だけではどうすることも出来ない状況だったので、債務整理を弁護士に依頼して正解だったと思っています。もし借金で困っているのなら、弁護士に頼ることをオススメします。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

債務整理の手続きで大きな効果を発揮する受任通知!そのメリットと…

目次受任通知とは?受任通知のメリット「受任通知」と「委任状…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

モビットの債務整理体験談

司法書士が借金の状態を細かく管理してくれたので合理的に借金を完済できた

借入額240万円

FXで損をしたため、借金をしました。

借入額189万円

母の自宅介護で働ける時間が限られていました。そのため生活費を借金で賄うしかなかったのです。

借入額400万円

買い物欲求が止められなくて気楽な気持ちで借金をし、その自分の甘さが元で借金地獄へ。

借入額180万円

CMは嘘だと思っていましたが200万円の過払いが戻ってきた

借入額150万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円