競馬で大負けして借金地獄に。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
330万円
借入期間
4年1ヶ月
毎月の返済額
11万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ギャンブルに使うお金を借金しており、そのお金がすべて消えてしまったことで、私の目の目の前に見える光景がカラーからモノクロに変わってしまいました。以後、借金を返済するために、新たにカードを作って返済する生活を続けていました。典型的な自転車操業です。精神的に弱い私は、アメーバーが分裂するように借り入れ額が増えて行く様子をイメージすると、食事が余りのどが通らなくなり、吐き気をもよおしました。明らかに貧乏丸出しの私は、節約のためお昼はスーパーでまとめ買いした58円のカップラーメン1つの生活を続けました。夕食は白ご飯に振りかけでおなかを満たします。それでもぜいたくなほうで、いよいよ白米がなくなると30円の駄菓子を食べて水を飲みおなかを満たしていました。「人生詰んだ」とはこのことでしょう。

貯金が100円しかなく、しかも3社以上滞納をしていました。

<督促方法>郵便と電話での支払い督促
<督促の詳細>督促は、滞納してから割と早い段階で自宅に届きました。ポストに見慣れない手紙が1通届いていたのです。無造作に破いて中を見ると、そこには、現在振り込みが確認されていないので、期限までに振り込んでくださいという内容が書かれていました。それから数日すると、別の業者からの督促状が届きました。督促状以外では、電話が毎日鳴り響きます。電話で期限の延長を交渉をするのが一番だと思い交渉してみましたが、期限を延ばしいてくれることはありませんでした。滞納が2ヶ月目に突入すると、同じ会社から督促状が再び来ます。今度こそ、法的手段をとるという内容でした。その一文を読んだときに、呼吸をするのを忘れるほどでした。なぜか危機が迫ると私は眠くなる癖があります。その時は、居眠りをしそうになったほど眠気が襲ってきたのです。自己防衛本能が働いているのでしょうか。法的手段という文字が浮かび上がり、まるでダウン寸前の私にとどめを刺すかのようでした。

知り合いの弁護士に解決してもらいました。

私には、知り合いに1人だけ弁護士がいます。過去には、『借金で困ったら面倒を見てもらおうかな』なんて笑い話をその弁護士としていましたが、まさかそれが現実になるとは思ってもいませんでした。私は、その弁護士の電話番号を調べて電話をしてみました。電話で今の現状が笑えないところまで来ているのでどうにかならないかと相談をしたことろ、まずは事務所に来てほしいと言われ、その足で事務所に行きました。相談した結果、過払い金請求ができるといわれました。過払い金請求をする場合、5年間は借金をすることができなくなるがそれでもよいかと聞かれ、問題ないと答えたのです。弁護士は、過払い金があると思われる業者に対して、取り引き履歴の開示を請求して過払い金を調べると、75万円の過払い金があることがわかりました。全額は帰ってこないと言われましたが、数ヶ月後には55万円の過払い金が戻って来て驚きました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理後にクレジットカードの代わりになる4つの決済方法とは?

目次任意整理したら、クレジットカードはどうなる?任意整理後…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

モビットの債務整理体験談

友人の口車に乗せられ、借金が雪だるまのようになりました。

借入額650万円

手続きが簡単な過払い金請求で借金が激減

借入額350万円

債務整理して感じた任意整理のメリット

借入額100万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

管財人がつきました。

借入額160万円

ギャンブルにのめり込んでしまい、当時月20万円の給料では足りず借金。気付いた時には借金だらけの生活になっていました。

借入額380万円