給料が下がっているのに生活レベルを上げすぎて、借金地獄になりました。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
313万円
借入期間
4年5ヶ月
毎月の返済額
14万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私の高校の同窓会に行くと、派手な生活をしていた友達が多くいました。それからというもの、私も派手な生活をするようになったのです。旦那の給料は下がっているのに、生活水準を上げてしまったせいで、借金が増えて行きました。その時は旦那に黙っていました。やがて、6社目に借金をする時に審査に通らずに、結局滞納をすることになったのです。それから督促状が来るようになってとうとう旦那にばれ、夫婦げんかが続く生活をすることになります。新婚当初の新鮮な気持ちはすでにありません。私と私の友達達は同じ学校を卒業しており、私との違いはないはずなのに私は堕落していき、友人達は華やかな生活を送っているという現実。この違いはいったい何なのかと思い、密かに自分自身を恨んでいました。

家のローンを払うと、残金が1万円程度しかありませんでした。

<督促方法>電話での督促と郵便での督促
<督促の詳細>業者から督促はまず手紙からでした。期限までに決まった額を支払ってくださいと言うありきたりの内容です。定型文であることが丸わかりで、手紙の向こう側には人がいないように感じました。ですが、その後にいくつかの会社から支払い督促の電話が来るようになると、私の考え方は変わってきます。いよいよ閉塞感を感じ、じりじりと私たちは追い込まれていきます。旦那の稼ぎもありますが、家のローンに13万円ほど支払わなければならないので、支払いをすることができません。再び翌月も滞納することになります。2回目の督促状は厳しい内容でした。法的手段も辞さないというものでしたが、私は法的手段という言葉にひどく反応してしまいました。バイアスがかかっていたのかもしれませんが、とにかく法的手段と言う言葉が異様に怖く重たかったったのです。

司法書士に相談しました。

私は、はじめは両親に泣きつきました。ですが、両親もそんなお金はないと言われてはねのけられてしまいました。旦那の両親についても同じになります。もはや身内は期待出来ないとなると、司法書士にお願いをするしかありません。私は、知り合いの知り合いに司法書士をしている人がいることを知っていましたので、早速相談をしました。すると、債務整理をする必要があるが、過払い金請求をすることができるということでした。過払い金請求をするとどれくらいお金が戻ってくるのか気になる所ですが、およそ45万円戻って来たのです。弁護士費用を支払っても手元に30万円近くが残ります。おかげで、毎月の返済額も半分近くに減少し、支払うことができるようになったのです。それから私は、友人達に憧れることなく、地味な生活をしています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

レイクの債務整理体験談

借金が綺麗になりました。

借入額100万円

多重債務を抱えていた友人を助けるために借金をしました。

借入額総額155万円

ギャンブルにはまる生活から足を洗いました

借入額160万円

趣味の旅行が招いた代償

借入額230万円

ギャンブルにドハマりし借金を抱え、最後は任意整理をした私の体験談

借入額260万円

自分も理解した上でやるべき債務整理

借入額180万円