保険適用外の手術を行う予定だったのですが、その時の検査結果が悪く、更に他の手術も必要となったため借金をするに至りました。

2019.03.22 更新

無職

借入先業者名
借入額
180万円
借入期間
1年半
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコムから100万円、プロミスから50万円、楽天カードから30万円、滞納期間が3ヶ月を過ぎて一括請求が届きました。
それまでは自転車操業のように返済を行っていたのですが、退職し就職活動をしているうちに生活が成り立たなくなっていきました。金融機関への返済より優先して支払っていた家賃や光熱費、通信料の支払いも滞ってしまったので解約出来るものは解約しました。次に売却可能な電化製品の類は全て引き取ってもらい換金して光熱費に回しました。食事も切り詰め、1日分は食パン一袋とし日に何度か分けて食べる生活でしたが、最終的には残っていた調味料で味付けした水しか飲めなくなりました。通信機器を失ったことでで、就職活動はおろか友人や家族との連絡が取れなくなり、何をどこから手に付ければ良いのか判断が出来ず、家に引きこもる状態が続きました。

返済が数回滞り一括請求を放置していたら督促状が届きました。

<督促方法>郵便での督促状による一括請求
<督促の詳細>初めのうちは日に何度も督促請求の電話が鳴り止みませんでしたが、途中でこちらの通信機器の利用が不可能になり、それからは封書での支払督促が届くようになりました。次に自宅への訪問です。連絡手段がなかったので直接自宅訪問をされ、乱暴な取り立てのようなことはありませんでしたが、ドアノブを何度も回されるような行為はありました。更に、金融業者からの督促を放置していたら、裁判所を通しての法的な督促状が届きました。このまま状況が変わらない場合はやむを得ずに、不動産や給料の差し押さえの処置を取るとの通達がありましたが、家は賃貸で車の所持や給料を含めた預金残高も無かったので、実際の差し押さえまでには至りませんでした。また、この時点までくると当人との連絡が取れないということで、家族の元へ連絡が行きました。

法律事務所を探し対処をしてもらいました。

結論から言うと、債務整理を依頼し借金を整理することにしました。
家族の元へ連絡が行ってしまったので、借金の事実が表面化され向き合わざるを得ない状況にいると実感しました。幸い帰れる実家が存在したので賃貸を引き払い、生活環境を立て直すと共に職探しを再開しました。過去に友人から債務整理の話を聞いていたので、法律事務所への依頼が出来るように先ずは仕事でした。1週間程度で新たな職に付けたので、次に法律事務所へ債務整理の相談です。給料から生活費を除き、月に返済可能な金額を話し合い依頼に至りました。届いた督促状などは全て弁護士に処理してもらい、交渉が纏まると金融業者からの催促はすぐになくなりました。
債務整理を行うと、膨らんでしまった借金を、個人が無理なく返済可能な金額で支払えるよう金融業者に交渉してくれます。
一度生活の歯車が狂うと立て直すのは大変なので、裁判や大事になる前に専門家に依頼するのが解決の近道だと痛感しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

総量規制の対象になったら債務整理を検討するべき?

目次総量規制の基本総量規制の条件総量規制のおまとめローンへ…

楽天カードの債務整理体験談

会社倒産で生活費の捻出から借金に陥りました

借入額100万円

気付いたら多重債務者になっていました

借入額200万円

全てリセットできました。

借入額80万円

【楽天カード】不妊治療のためにお金を借りました

借入額200万円

二度目の自己破産をしました。

借入額90万円

調停員が親切でした。

借入額80万円