生活レベルが上がり、日用品を買うのにも借金をしました。

2019.03.13 更新

主婦

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
1年8ヶ月
毎月の返済額
14万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

最初の借金は、旦那の給料が減っているにもかかわらず、生活レベルを上げたことが原因でした。今まで月収が40万円あったのですが、給料が減り25万円まで落ちてしまいました。一度上げた生活レベルを落とすのは容易ではなく、その分お金遣いが荒くなってしまい、借金をすることになったのです。私のした借金は、20万円から始まりましたが、やがて限度額が上がり、50万円まで借り入れることができたのです。前向きに何かの投資をする場合の借金は、前向きな生活ができますが、ひたすら浪費するだけの生活は、非常にむなしかったです。毎日が何のために生きているかわからず、ついには精神的におかしくなり、精神科に通うようになりました。それでもなお、私の浪費癖はなくなりませんでした。

貯金が3万円だけある程度でした。

<督促方法>郵便の督促と電話の督促
<督促の詳細>借金をしてすぐに督促があったわけではありません。滞納し始めてから2週間以上が経過したときにようやく督促がありました。督促の内容は、それほど子難しいものではなく、単に支払っていない分のお金を払ってくださいということです。私は、支払いたい気分なのですが、どうしてもお金がありません。督促が来たけども支払えない人の気分は、私と同じなのかもしれません。そんな歯がゆい思いで2回目の滞納をしてしまいました。滞納を何度もすると、督促状がもう一通来るだけでなく、電話も頻繁に鳴るようになるのです。1つの会社だけで1日3回電話が鳴ります。私は、すでにその時3つの会社から滞納していたので、1日9回も電話が鳴っていました。着信履歴を久しぶりに見てみると、唖然としました。ずっと下までスクロールしても、業者の名前しか出てこないのです。

半分泣きながら弁護士さんに相談しました。

滞納してから、食事もまともにできない状態になりました。このままでは私の人生が終わってしまうと思い、旦那と弁護士事務所に行き相談をしました。私は今までのことをありのままに話すと、辛い思い出を思い出してしまいました。弁護士さんは、現在の収入と借金の残高を調べると、過払い金請求と任意整理ができることを説明してくれたのです。驚いたことに、過払金だけで70万円位あるそうですが、和解をすれば50万円ぐらいに減額してしまうということでした。ですが4ヶ月程度で解決ができるということでしたので、和解を選ぶことにしました。結果的に55万円ほどの債務を減額することができました。今まで悩んでいたのが嘘のように、精神的に解放されたのです。おかげさまで、ようやくまともな生活が送れそうです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

プロミスの債務整理体験談

一人で悩まず相談して良かった。

借入額200万円

長い借金生活から私達を救ってくれたのが債務整理でした

借入額130万円

少し罪悪感が和らぎました。

借入額220万円

生活費を補うために、借金をしました。

借入額150万円

友達の保証人になって借金地獄に!驚くべき返済方法とは?

借入額580万円

債務整理で生活が一変/37歳派遣社員

借入額100万円