ブランド品にはまり、夫に内緒で借金。返済苦で夫とも離婚する事に。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
6年
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

インターネットなどでのショッピングが手軽に行えるようになり、主婦業の合間に最初は安いものを購入して楽しんでいました。その内にブランド品に興味を持つようになり、大金が必要でプロミスに200万円の借金をしたのです。夫の収入がそれなりにあり、簡単に審査に通過する事ができ、返済も無理のない額でしたのであまり深く考えずに利用をしました。しかし、借りたお金だけでは止められずに夫の給料内でさらにブランド品を買っていると、その内に返済も難しくなり生活費に関してもぎりぎりになってしまったのです。滞納する事もあったのですが、夫は日中は仕事で家におらず知られてしまう危険性はなかったと言えます。毎日電話がかかってきて、怖かったのもあり無視し続けていました。

夫の会社に電話があり、借金が発覚してしまいました。

<督促方法>夫の働く会社への電話
<督促の詳細>取り立ての電話に関しても最初は払えないのにも関わらず忘れていたふりをして、何とか誤魔化していました。しかし、長くは持たずに返済期限を過ぎるとまた電話がかかってきて、言い訳も思いつかなかったため無視し続けていたのです。その結果、夫の働く会社にまで電話がかかってきて、夫に借金がある事を知られてしまいました。夫も突然電話があり、何の事だか分からずにいましたが詳しく状況を聞き、血相をかえて私に電話をかけてきたのです。勝手に大きな借金を作っていたばかりか滞納までして、会社でも夫の評判が落ちてしまい激怒されました。その結果、離婚を告げられて泣きつきましたが、覆る事はなかったです。仕事もしていなかったため、別れた後の返済に関しては不安しか残らなかった事を覚えています。

ブランド品を全て売っても足りなかったため、自己破産手続きを行いました。

夫とは離婚してしまい、返済できる可能性はさらになくなってしまいました。就職先を見つけるにしても時間を要する事が予想できたため、期限が迫っている中では冷静に就職活動ができる自信もなかったです。そのため、まずはブランド品などを全て売って返済にあてようと行動し、滞納分などに関してはすぐに返済しました。しかし、ブランド品を売ったお金だけでは十分に返済ができる状況でもなく、一人では解決できないと専門家に相談に行ったのです。借りている額と働いていない状況から自己破産手続きを行う事になり、借金は全てなくなりました。取り立てに怯える心配がなくなったため、多少制限のある生活でも現状では満足しています。失敗を教訓にして、これからの人生をより良いものにしていこうと現状では改めて頑張っている最中です。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

プロミスの債務整理体験談

【モビット】自分で手続きができました

借入額100万円

多重債務状態を司法書士の方に解決してもらいました

借入額180万円

独身時代にお金を使いすぎる生活をしていました

借入額200万円

書類作成が大変でした。

借入額200万円

債務整理のメリット・デメリット/26歳会社員

借入額420万円

相続税対策は親に依頼しておくべきでした

借入額400万円