女性とお酒が飲めるお店にはまりカードローン利用。気づけば返済が苦しい状態に。

2019.04.09 更新

借入先業者名
借入額
100万円
借入期間
3年
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

結婚しておらず働いたお金は全て自分で利用できていたため、ある程度満足できる生活を送っていました。一生独身でも生きていく事ができるように早めにマンションも購入して、住宅ローンなども活用していたのです。毎日仕事と家の往復でしたが、ある日友人に連れて行ってもらった女性とお酒が飲めるお店が大変楽しく、それからは一人でも通うようになりました。毎日のように通う内に収入だけでは苦しくなり、アイフルで100万円の借金をしてさらに頻繁に通ったのです。借金したお金がなくなっても女性とお酒が飲めるお店に通う事を止める事ができずに、住宅ローンの返済と借金返済以外の全てのお金をつぎ込んでいました。最終的には返済のためのお金にも手をつけ、滞納する事も珍しくなくなったのです。

一括請求の督促状が家に届き、焦りました。

<督促方法>郵便での一括請求の通知
<督促の詳細>滞納気味になっていても1ヶ月程で滞納分とその月の返済は行ったりして、取り立ての電話もそれによりなくなっていました。しかし、通っていたお店から誘いの電話があると断りきれずにまた通い、滞納も2ヶ月程するようになったのです。取り立ての電話には出ても返済できないので無視していたため、2ヶ月程で一括請求の通告があったのかもしれません。しっかりと金融業者と連絡をとっていれば、このような事態は防ぐ事ができたかもと後悔したものです。一括請求できる程のお金もなく、どうしようもない状況で数日は人生が終わったと半ば投げやりな状況に陥っていました。電話などはなくなっていたのですが、それがかえって怖い状況でもありどうしようかと思い悩む日々を送り、解決策を探るために弁護士に相談したのです。

一括請求の通告があった数日後に弁護士に相談しました。

自分では何も判断できない状況で、数日間は意味もなく悩んでいました。しかし、それではより最悪な状況になっていくと感じ、弁護士への相談を決意したのです。弁護士に相談に行ってすぐに一括請求における通告をストップしてもらい、とりあえず最悪の状態は回避しました。まだ、裁判所まで手続きが進んでいなかったために、回避できましたが裁判所まで行くとそれも難しくなってしまいます。また、私は住宅を所持しており住宅ローンも支払い中でした。住宅を手放さずに返済を楽にする方法として個人再生を行い、住宅ローン以外の借金を減額させる事に成功したのです。これにより支払いも楽にはなりましたが、本来の生活に戻り仕事を真面目にすれば返済できる能力はあったため、この事があってからは真面目に返済し無事完済しました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの返済に困った!任意整理が借金の返済額を減らせる

目次新生銀行カードローンレイクの借金を任意整理するメリット…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

債務整理の無料電話相談をする前に!電話の流れと準備すべきことを…

目次債務整理の電話相談はどこに?24時間受付無料の相談先は? …

アイフルの債務整理体験談

過払い金請求を知らないのは大損/34歳システムエンジニア

借入額150万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円

趣味に没頭するあまり借金!膨れ上がっていく一方で借金地獄に!

借入額90万円

急いで過払い金返還請求を行った方が良い

借入額180万円

事業協力をして借金を作ってしまいました

借入額150万円

友人を借金から助けるために借金。一気に借金地獄に。

借入額80万円