それまでの自分と決別すること

2019.02.06 更新

OL

借入先業者名
借入額
160万円
借入期間
6年3ヶ月
毎月の返済額
6万円

ブランド品購入がやめられずに借金。

夜勤や早朝勤務などもこなしている看護師だったため、比較的収入には恵まれていました。日ごろの激務をこなすうちにストレスがたまり、ブランド品を購入するのが好きになりました。バッグや洋服、時計などと次々に買いあさるようになってしまい、借金地獄にハマってしまいました。主人と子供もいますが、家族はお互いに干渉しませんので、やりたい放題になってしまいました。ブランド品購入がエスカレートしてしまい、サラ金にまで手を出すようになったのです。借りているという感覚が麻痺し、取り返しのつかない状態に陥りました。

レイクと楽天カードから50万円ずつ、モビットとアプラスにも30万円ずつの借金。月の返済は合計で6万円

主人が役職定年を迎えたため、収入が減り、私の収入から、家計費に回すことが必要になったため、歯車が狂いはじめてしまいました。返済には、毎月のように6万円という金額を用意してきましたが、その捻出も難しくなってしまいました。しかしながら、家計費をやりくりしながら、支払日に遅延する事態を回避してきました。どうしても、厳しい月には、老後のためにとのことで貯めている貯金から出したこともありました。郵送物などが何度が届いたこともあり、主人は借入をしていること自体は知っていると思います。

調停をすることにより、債務額が減りました。

裁判所に特定調停を申し立てることにしました。弁護士委任も検討しましたが、一番費用が抑えられると思ったからです。裁判所に行くのは、なんとなく緊張しましたが、係の人が親切に教えてくれたので助かりました。特定調停の席には、裁判官や債権者の担当者の方も来てくれて、和解が成立しました。その結果、引き直し計算がされ、全体の返済金額が大きく減ることになりました。毎月の給料の中から6万円も捻出していましたが、半分の3万円で済むことになりました。借入をしていた4社すべてとの間に和解が成立しました。

とにかく気持ちが楽になりました。

裁判所に出向き、調停委員の方との面談の結果、今までの無駄使いを反省することができました。ブランド品購入については、単なる自己満足に過ぎないということがわかり、恥ずかしくなってしまいました。特定調停後には、返済金額が減った分、手元に残るお金が増えることになりました。今までとは異なる考え方も芽生え、主人や子供のために使うお金も増えることになりました。相変わらず、仕事は忙しくしていますが、心に余裕があるせいか、イライラ感もなくなりました。もう少しはやめに債務整理をすれば良かったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

任意整理や過払い金請求で官報に掲載される?

目次任意整理や過払い金請求したい!気になる官報って一体何?…

債務整理とは何か、その意味について見直そう!

目次債務整理について、もう一度整理してみよう債務整理ごとの…

楽天カードの債務整理体験談

債務整理をして、借金問題が解決された体験談

借入額120万円

投資詐欺に引っかかって借金を負いました

借入額140万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円

パチンコにはまり借金をどんどんしてしまいました。

借入額500万円

母親の介護で背活費に不足が出て借金をして補てんしていました

借入額130万円

4社からの多重債務を任意整理で解決した体験談

借入額150万円