親から振り込んでもらった学費を使い込み借金。計画的に返済できずに借金に悩む事になりました。

2017.11.29 更新

学生

借入先業者名
借入額
90万円
借入期間
2年8ヶ月
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

大学生として親元を離れて生活していたのですが、親からの学費の振り込みを魔が差して使い込んでしまいました。気づいた時には手元にお金がほとんどなくそれでも学費を学校に払う必要があり、借金をする決断をしたのです。幸いな事にアルバイトをしていましたので、働いていれば借りる事が可能な消費者金融を複数社利用して、それぞれ30万円づつ借金をしました。返済に関しては最初は良かったのですが、遊びの誘いにおいても人間関係を良好に保つために断る訳にもいかずに、返済にまわすお金まで使い込むようになったのです。これにより滞納する事もあり、それからはアルバイトに精を出すようになり勉学も疎かになり出しました。留年してしまい、親にさらにお金を出させる結果につながってしまい順調な人生が転落人生になってしまったのです。

電話での催促が毎日あり、最終的には一括請求通知が届きました。

<督促方法>郵便での一括請求通知
<督促の詳細>遊ぶお金を優先する月もあり、返済を滞納してしまう事も頻繁にあったと言えます。数週間で催促の電話などがかかってきていたのですが、厳しい態度で催促されますので、怖い気持ちもあり無視していたのです。しかし、数ヶ月を経過した時に郵便で一括請求の通知が届いて焦りました。電話を無視していた私ですが、流石に一括では返済できないため電話連絡する事にしたのです。返答としては滞納している返済金を期限までに支払わなければ、一括請求すると脅す事しかされずに何も解決できませんでした。親に知られたくない気持ちが強く何とかお金を用意するためにまた他の消費者金融を訪れたのですが、審査に通過する事ができなかったのです。追い詰められてしまい、どうしたら良いのか分からずに一時は思考停止状態になりました。

最終的には親に全額返済してもらい解決しました。

一括請求だけは避けたいけれども、利用している金融業者は全く聞く耳を持ちませんでした。インターネットなどで調べて専門家が取り立てなどをストップしてくれる事を知り、すぐに専門家への相談に行きました。すぐに一括請求は却下してもらったのですが、親身になって相談にのってくれ解決できる方法はあるけれども、親に話した方がより良い解決ができるかもしれないと提案されたのです。その結果、親に相談する事を決意して、ショックを与えましたが全額親が代わりに返済してくれました。専門家の方は何の得にもならずに申し訳ない事をしましたが、借金問題に関して親身に相談にのってくれたため、今後何かあれば依頼しよう思っています。親が肩代わりしてくれたため大事には至りませんでしたが、苦い経験の一つです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

レイクの借金返済体験談

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円

彼女の家で同棲していたが出ていくことになり引越し資金を用意するために借金を決意。

借入額90万

様々な金融業者から借金し、多重債務者になり返済する日々に。

借入額100万円

主人が失業して一時的に生活費が必要になったため。

借入額100万円

様々なギャンブルを行い借金。返済よりギャンブルに使い返済不可能に。

借入額100万円

金額を計算せずに洋服を購入していたら返済不可能に。

借入額130万円