自分の経営しているお店の運転資金が不足したので借金をした

2019.03.30 更新

自営業

借入先業者名
借入額
380万円
借入期間
11年3か月
毎月の返済額
6万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

自分が経営している飲食店を運営していくために必要なお金が足らなかったので、金融機関からお金を借りていました。ですがなかなかお店の経営が軌道に乗らずに運転資金が枯渇してきたので、消費者金融などからも借金をすることになりました。するととても高い金利で返済をしなくてはいけなくなり、ますます財務状況が悪化してしまいました。そこからは本当に生活が出来ない状態に陥り、常に借金の返済のことばかりを考えるようになりました。家内はストレスで体調を崩してしまうし、子供もあまり喋らなくなり、家庭環境が壊れてしまいました。それでもなんとか借金を返済しようと努力を重ねてきたのですが、滞納する期間が長くなり、催促の手紙がとても多く届くようになってしまいました。

次々に届く連絡に本当に苦しくて精神状態を正常に保つことが困難でした

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>滞納を始めたばかりの頃は、それほど激しい取り立てではなかったのですが、1年程度滞納を続けると、債権業者からの取り立てがすごく激しくなったのでショックでした。まず自宅にとても目立つ色の郵便が届くようになり、差し押さえをするようなことが書かれていたので、本当に恐怖を感じました。それに電話での連絡も私が休みの日を狙ってかかってきて、長時間に渡って返済を迫られたので、心が休まる時間がなかったです。最終的には実家にまで催促状や電話での連絡が届くようになり、両親に返済を迫ることもあったので、正直ゆるせませんでした。何度も酷い取り立てをやめるように交渉をしたのですが、すべてを無視されて取り立て行為を続けられたので、もう本当に限界だなと感じていました。

激しい取り立ての被害の相談を受け付けている弁護士事務所に相談しました

あまりにも取り立てが激しくて耐えられなかったので、取り立ての問題に取り組んでいる弁護士事務所に伺いました。すると借金の状態をきちんと精査してくれて、必要な対策を一緒に考えてくれました。まず弁護士の方は債権業者ときちんと話し合ってくれて、法律的に問題のある取り立てに関しては即時中止することを決めてくれました。そして借金の問題に関しても、色々と交渉をしてくれて、毎月の返済金額に関する部分を調節して、私の負担を大きく軽減してくれたので助かりました。結果的に精神的に辛かったとても激しい取り立てが一切なくなり、滞納するしかなかった毎月の返済も自分のテンポで払えるようになったので、すごく楽に生活出来るようになりました。弁護士の方には本当にお世話になったと思っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

任意整理をするなら必ず押さえておくべき手続きの流れ

目次任意整理を依頼した場合の具体的な流れを把握する面談から…

三井住友銀行の債務整理体験談

飲食店経営で大失敗!個人再生で人生をやり直す

借入額1000万円

風俗にはまり支払った代償

借入額280万円

身内のとんでもないツケ/40歳会社経営者

借入額300万円

ギャンブルにはまる生活から足を洗いました

借入額160万円

老後破産した義両親に援助して借金をつくってしまいました

借入額230万円

夫を甘やかしたことで共倒れに

借入額80万円