借金地獄の友人を助けるために借金!

2019.01.10 更新

借入先業者名
借入額
60万円
借入期間
2年
毎月の返済額
3万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人が借金をしているといっていたので、詳しく話を聞いてみると、借金を支払っても問題を解決出来ないと言っていました。昔から付き合いがある友達ということもあって、私が借金をして助けました。一括で60万円支払えば良いとのことだったので、いったんアコムで60万円の借金をしてから、友人に私返済してもらいました。そして、友人から私宛に借金を返済してもらうという形で話は進みました。
その手続きをとってから、友人は4ヶ月程は返済していましたが、それから返済をしなくなってしまったのです。そこから、私も友人の借金だったので自分から払うことはありませんでしたが、借りているのは私だったので、アコムから催促の電話がかなりかかってくるようになりました。常に電話が鳴っている状態で、家庭環境は悪化してしまいました。

借金催促の電話が鳴り止みませんでした。

<督促方法>電話、郵便
<督促の詳細>友人の借金だったので、支払いを滞納していた結果、まずは電話での催促がありました。事情を説明しても、借金をしたのは私だったので、至急返済をするように求められたのです。そこから、定期的に支払いをするようになったのですが、それでも催促の電話は鳴り止まず、利息分が足りないだとか、月の返済額を多めに返済出来ないかということ等を求められました。当然最初の契約と違っていたので、一定額支払い続けていると、ついに督促状が自宅に届いてしまったのです。あまりにも理不尽すぎて、契約と違うことを電話で伝えました。結果、しらを切って電話を切られてしまったのです。いつまでたっても借金返済の目処が経たなかったので、弁護士に相談して法的手続きをとってもらうことを考えていました。

弁護士に相談して債務整理を行ってもらいました。

まずは、弁護士に相談して全て自分がおかれている状況について説明することにしました。借金を支払ってるのに催促の電話が鳴り止まないということもそうですが、何よりも支払いの額をアップするように申し出られているということをメインで相談していました。あまりにも鳴り止まなかったので、電話に関しては法的な手続きによりストップしてもらったのです。
そして債務整理の手続きも同時に行ってもらったのですが、私が選んだのは過払い金請求でした。アコムは高金利で貸し付けを行っており、過払い金を請求出来るには十分でした。届出書を提出して和解交渉を選んできましたが、今までしてきた仕打ちがかなり酷かったので、訴訟を起こすことにしました。返還率に関しては10割だったので、全て返済してもらい、借金問題は解決出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

アコムの債務整理体験談

個人輸入の開業資金として消費者金融とクレジット会社から100万借りたのがきっかけでした

借入額320万円

多重債務者になり自己破産に

借入額250万円

生活費を補うために、借金をしました。

借入額150万円

債務整理してスッキリした話

借入額2000万円さらに友人の借り入れの連帯保証が5000万円

息子夫婦に子供に援助する為、借金。

借入額200万円

年老いた両親の介護費用が生活の負担に

借入額450万円