生活費のために借金をしました。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
7万9千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は派遣社員として働いているのですが、数ヶ月ごとに契約更新があります。基本的には契約を更新していけるのですが、たまに更新を出来ないことがあるのです。すぐに次の働く会社が見つかればいいのですが、タイミングが悪くて仕事に就けないこともしばしばです。貯金があれば、しばらく貯金を切り崩して生活を送ることも出来ます。しかし、薄給では貯金をするどころか生活をしていくだけで精一杯です。そのため、消費者金融でお金を借りて生活費を捻出しようと考えました。そして、仕事が途切れるたびにお金を借りていたら、総額300万円にものぼっていました。返済はしていたのですが、少ない給料ではお金を返してもすぐにまた借りなくてはいけない状況が何度もあったのです。金額が金額なだけに、私はどうしたらいいのかわからなくて焦りました。

派遣会社に督促の電話が来ました。

<督促方法>電話での督促
<督促の詳細>借金の総額が300万円になってしまったことと、派遣の仕事が不規則で生活費を賄うだけで精一杯なこともあり、借金の返済が出来ずにいました。1年近く借金を滞納してしまい罪悪感を抱き始めていたころ、家に消費者金融から督促の電話がかかってきたのです。すぐにお金を返すことが出来ないことを伝えると電話は切れました。しかし、数日後にまた電話がかかってきたのです。前回と同様のことを伝えるとまた電話は切れました。それから何度も電話がかかってきて、初めは電話に出ていたのですが、私は次第に居留守を使うようになっていったのです。すると、会社の方に電話がかかってきてしまいました。私は事務員に呼び出され、借金のことを会社に話さなくてはいけなくなったのです。また会社に電話がかかってきてしまっては困ると私は思いました。

弁護士に話をして、督促を止めてもらいました。

督促の電話が会社にまでかかってきてしまい、会社に借金を抱えていることが知られてしまいました。また、会社に何度も電話がかかってきてしまっては会社に居づらくなっていまうと感じた私は、弁護士に相談をすることにしたのです。まずは、督促の電話を止めてもらうようにしました。そして、今後借金を返済していけるように、債務整理のお願いもしたのです。私は債務整理の1つである、任意整理をしてもらうことになりました。毎月の返済額を私が返済していける額に調整してくれて、なおかつ利子も払わなくてよくなったので安心しました。借金を毎月きちんと支払っていけば、督促の電話がかかってくる心配もありません。弁護士に話をしなければ、督促の電話も借金の返済の問題も解決することが出来なかったでしょう。弁護士に話をしてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

モビットの債務整理体験談

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

ギャンブルで大負けしてしまい、生活費を借りた。

借入額150万円

意外と減額できました。

借入額240万円

結婚してからも夫に隠れて借り続けた借金250万円が原因で任意整理をすることに

借入額250万円

ギャンブル依存症で賭け事をやめられなくて借金を重ねていました

借入額320万円

意外と簡単な手続きで債務整理が出来ました

借入額300万