二回目の破産になりました

2019.02.06 更新

会社員

借入先業者名
借入額
30万円
借入期間
6ヶ月
毎月の返済額
2万円

病気が悪化して働けなくなり、生活費として借りました。

以前一人暮らしのための家電や引っ越し費用のために借金をして、給料が少なすぎて払えなくなり、破産をしたことがあります。その後は正社員としてきちんと収入内で生活をしていたのに、持病が悪化して入院、退職せざるを得なくなりました。長期的な治療が必要になるという事で医療費や生活費を借り入れていたものの、予定よりも長引いて借金が膨らんだ次第です。親に頼んで代わりに返済してもらっていましたが、毎月支払うのは難しいといわれ、退院してからは仕事探しと共に弁護士に借金の相談をしたのが債務整理のきっかけです。

フクホー、セディナ、ジャックスから各10万円借りて、月2万円弱返していました。

フクホー、セディナ、ジャックスから各10万円借りていて、最初は定期を崩して返済し、それもなくなると親に頼んでいました。しかし、年金暮らしの親にも迷惑をかけたし、自分も支払いが気になって治療に専念できず、思い切って早期退院をして療養しながらできる仕事を探すとともに、弁護士の無料法律相談にも行きました。借金が気になって仕事探しの方はうまくいかず、無職の状態で弁護士のところに相談したところ、過去に破産していても、今回の件はやむを得ない事情として破産できる可能性が高いといわれています。

自分で手続きし、二度目の破産をしました。

弁護士には、借金が少なくても払えるお金がないので、自己破産をしてはどうかと言われました。自分としても親にこれ以上迷惑をかけられず、かといって費用を払えそうもないため、裁判所に出向いて自分で手続きをしました。時間はかかったものの、無事に裁判所で申立書が受理されて、大体3か月程度で二度目の免責に成功しています。毎月の支払いがなくなって親も安心しており、私自身も気が楽になりましたし、仕事で安定した収入を得られるようになったら、今まで借りていた返済分を両親に返していくつもりです。

借金のことが落ち着いたので、仕事に専念できます。

借金がなくなってから、気持ちが楽になったのか、今までよりも積極的に仕事探しができるようになりました。その結果、治療をしながら在宅でできる仕事を見つけられて、何とか実家暮らしながらも自分の身の回りにかかるお金は稼いでいます。親にはわずかずつですが借りたお金を返しており、今後また入院するときに備えておくなど、二度目の破産で後がなくなったものの、いざというときの対応や借金をできるだけなくしておくことの重要性を知りました。もう少し収入が増えたら、少しずつ貯金もしていきたいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理ができない3つのケースとその対処法

目次任意整理できないケース1|任意整理後の支払いをできるだ…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

フクホーの債務整理体験談

ギャンブルや浪費が原因で多重債務になりました。

借入額280万円

バイナリーオプションは50%ではない

借入額170万円

他人のために借金をしてはならない

借入額160万円

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

家族に内緒で作った借金が200万円ありました

借入額200万円

免責不許可事由にあっても反省次第では自己破産出来る

借入額400万円