競馬がきっかけで借金モードに突入しました。

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
3年5ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は競馬が好きで、馬を見ただけですべての名前を当てることができるぐらいです。もちろん、お金を賭けるのも好きです。いや、好きではなく大好きだったのです。私は競馬を愛しているので、馬券も割とよく当てることができました。ある日のこと、この馬券は確実に当たると確信した馬券がありました。その馬券を買うために借金をしたのです。わくわくしながらレースを見ていましたが、結果は大はずれ。賑やかなテレビの音すら聞こえなくなるほど瞬間的に思考停止に陥ったのです。残された借金は返済しなければなりませんが。給料日前に返済があります。そこで、別の所から借りて返済することにしたのです。なんとかその場を凌ぎましたが、これが私の地獄の始まりだったとは知るよしもありませんでした。その後の生活は100円でも多く貯めようとカップラーメンを食べる生活に変化していきました。たばこも酒もやめて何のために生きているのか分からなったのです。

手元には300円しかありませんでした。

<督促方法>郵便と電話での督促
<督促の詳細>督促が来たのは、私が滞納をしてから3週間も経たないときでしょうか。その時にはすでにどこからも借り入れることができなくなっていました。借り入れができるとすれば闇金ぐらいだったのです。闇金にお金を借りるぐらいなら滞納した方がましだと思っていたので、滞納することになったのですが、これはこれでなかなか辛かったです。なぜなら、督促状が届いた時の精神的なダメージも大きかったですが、それ以上に大きかったのは電話での督促です。1社につき1日3回は鳴り響きますので、仕事をしている時もポケットが震えて集中することができません。しかも、3社から同時にかかってくると悲惨です。待ち受けだけでも電池が半分以下に減ってしまいます。一度電話に出て支払期限を延ばしてもらおうと交渉をしましたが、結果はダメでした。

弁護士事務所に行き、相談しました。

私は、藁を藻つかむ思いで弁護士事務所に行き、泣きそうになりながら相談をしました。私は今までの出来事を時系列で弁護士さんに話していきますが、話をしながらどうしてこんなバカなことをしたのだろうと大いに反省をしました。それでも、50歳を過ぎたぐらいの男性の弁護士さんは、私の話を真面目な顔で聞いてくれています。私は正直、弁護士さんに怒られると思いました。ですが、弁護士さんは優しかったです。『それは大変でしたねえ』と一言。それを聞いて、私は涙が出ました。その後、今までの借用書や預金通帳を見せると、『任意整理をしましょう』と提案をしてくれました。私は自己破産になるのではないかと思いビクビクしていましたが、任意整理と聞いて拍子抜けしました。結果的に、債務は40万円ほど戻って来ました。あの時弁護士さんにお願いをしてよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

債務整理は結婚に影響しない!結婚したらローンは組めるのか?

目次結婚前の債務整理には任意整理がおすすめ【結婚生活に影響…

任意整理と起業の関係 借金の支払いを軽くするには

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると、法律上起業できな…

プロミスの債務整理体験談

債務整理をして、借金苦から抜け出しました

借入額280万円

生活を立て直す事が出来ました

借入額250万円

ちゃんと任意整理してもらえました

借入額150万円

債務整理をして得ることが出来た平穏

借入額400万円

エステの勧誘がきっかけの借金でした

借入額130万円

夫婦でギャンブルする為、借金。

借入額250万円