出来婚を機会に借金をするようになりました。

2019.03.14 更新

会社員

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
11万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

出来婚をすることになりました。当たり前ですが突然の出来事です。それまで大してお金を貯めていなかった私ですが、新しくアパートを借りるにあたり、50万円ほどのお金が必要でした。二人でなんとか出せたお金は20万円で、それ以上のお金は借金をすることになります。借金に抵抗がありましたが、一度完済をしてしまうと抵抗がなくなるのは不思議です。借金に対するハードルが下がったおかげで、更新料を支払わなければならないときにも借金をしました。その後、最初のアパートは壁が薄く気にくわなかったので、また借金をして別のアパートを借りました。ですが、この時私は体調を崩してしばらく働けなくなってしまったのです。嫁さんは専業主婦で子育て中でしたので収入は亡く、手元のお金はあっという間に途絶えました。仕方なく、別のカードを作ってお金を借り、返済をしていました。みるみるうちに借金地獄に陥り、しばらくはお昼ご飯は水だけと言う生活が続いていたのです。

持ち金は数百円でした。

<督促方法>電話と郵便での催促
<督促の詳細>借り入れが5社目になるとき、ショッキングな出来事が起こりました。5社目にして、とうとう審査が通らなくなってしまったのです。もし、借り入れをするならば、闇金などしかありませんが、それはあまりにも安易な考え方です。できだるだけ最良の方法を選ぼうとして、とりあえず滞納をすることにしました。滞納をすると督促の郵便物や電話が頻繁に来ます。督促状も差書は優しい感じの内容でしたが、次第に文面が厳しくなり、一番上に書かれた「重要」の文字を見ると、頭が真っ白になりました。そんなに重大事になっているとは気づかずに今まで過ごしてきた私は、とにかく後悔するばかりです。電話が来た時に、支払期限を延ばしてもらおうと必死に交渉しましたが、それも叶いませんでした。

弁護士事務所に駆け込みました。

私たちは、絶望していましたが、子供もいますので、子供に負担をかけるようなことはしたくありません。そこで、督促状が来たときにどのような対策をとるべきかインターネットで調べてみたところ、多くの人は弁護士や司法書士に相談をしていたのです。たまたま借金地獄の体験談のページの下の方に弁護士事務所のリンクがありましたので、そこを踏んで弁護士事務所に連絡をしてみました。指定された日時に事務所へ行き、今までの出来事を余すことなく話しました。それを聞いた弁護士は個人再生を勧めてきました。その結果、毎月の支払いが、60万円まで減縮されました。支払期限も3年後まで伸ばしてくれて、なんとか支払うことができるようになったのです。そして、3年後に要約完済できた時は、思わず泣いてしまいました。今後はこのようなことがないように安易な借り入れはしないと誓いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

債務整理費用を安く済ませるコツとは

目次費用が最も安いのは自分で行う債務整理自分で行う債務整理…

ビューカードの債務整理体験談

婚活に熱中して借金を作ってしまいました

借入額180万円

事業で失敗をして借金をすることに。

借入額290万円

ショッピングリボに嵌って借金に苦しみました

借入額130万円

膨れ上がった借金に困っているなら相談しよう

借入額230万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円