入院費用を捻出するために借金生活へ

2019.03.12 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
290万円
借入期間
3年4ヶ月
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は子供の頃から体が弱かったので、大人になってからも定職に就くことができず、バイト生活を余儀なくされました。バイト生活中にも何度も体調を悪化させ、入退院を繰り返すことになりました。私が入退院を繰り返す時に、一番の負担になったのは入院費です。すでに両親は退職しており、両親に負担をかける訳にはいかず、自分の貯金でなんとかしていました。ところが、貯金も徐々になくなっていき、入院費を捻出することができなくなったのです。仕方がなく、借り入れをして入院費を出していました。返済は問題ないと思われたのですが、入院が長引いたため、入院費が高くなる一方で、バイトの収入も減少していき、どうすることもできなくなります。スマートフォンを解約し、食事の量を減らして対応していたのです。

手持ちのお金は1,000円程度でした。

<督促方法>郵便による督促
<督促の詳細>督促が来るようになったのは、滞納をしてから半月が経過するかどうかという時でした。すでにバイトをしても支払いができないほどの金額になっており、毎日が不安で仕方なかったです。督促状には今月の20日までに支払ってくださいと書かれていありますが、給料日が25日ですので、前借りをしない限り払うことができません。ですが、前借りをしたとしても、その後の生活ができなくなります。私はこの期に及んで安易な選択はするべきではないと思い、業者に電話をして支払期限の延期をお願いしたのですが、それもできませんでした。一度滞納をしてしまった以上、信頼はないのですから仕方がありません。結局3ヶ月滞納をしてしまったある日、私は思い切って弁護士に相談をしなければならないと決意します。

弁護士事務所で過払い金請求をお願いしました。

最後の手段として、私は覚悟を決めて弁護士を利用しました。バイトがない時に私は弁護士事務所に行ったのです。電車賃がもったいないので、自転車で1時間近くかけて行きました。40代半ばの弁護士さんにすべてを話すと、過払い金請求ができますと言われたのです。わたしは、迷うことなく過払い金請求をしてもらうようにお願いをしました。過払い金を明確にするために弁護士さんが業者に情報開示をすると、40万円以上の過払い金があることがわかりました。ですが、和解に持ち込む場合はどうしても全額を返済してもらうことは難しく、30万円戻すことができればいいということでした。訴訟をする場合には全額に近いくらい戻すことができますが、その分和解よりも弁護士費用がかかってしまいます。私は和解を選び、結果的に33万円の過払い金を手に入れることができました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

借金を任意整理したい!銀行口座は開設できなくなる?

目次借金の支払いが苦しい!任意整理すると銀行口座が利用でき…

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

ビューカードの債務整理体験談

買い物依存症になってショッピングリボから多重債務となりました

借入額180万円

生活費の為にお金を借りたら借金地獄に突入しました。

借入額350万円

生活費が足りなくリボ払いとキャッシングで借金を増やしました

借入額80万円

出来婚を機会に借金をするようになりました。

借入額300万円

競馬がきっかけで借金モードに突入しました。

借入額220万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました