手元のお金が減らないと借金している感覚にならない間違い

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
270万円
借入期間
6年4ヶ月
毎月の返済額
9万円

携帯電話契約でクレジットカードを作ることになり結果として借金でした。

携帯電話の契約時に支払い方法をクレジットカード払いとすると本体価格を安く買えるキャンペーンが行われていたので、初めてクレジットカードを作成しました。実際に初めて使用する時には緊張しましたが、利便性に慣れてしまうと感覚が麻痺してしまうことを覚えています。クレジットカードで支払う金額が増えると、支払日に引き落とされる金額が増えますが、15万円に達した時にリボ払いを知ってしまいました。毎月の支払額が一定になることから、手元に一定の現金を残したままクレジットカードを使える場所では全て使用してポイントを稼いていた状態です。

ニコス、オリコ、ジャックスから各90万円の借金。月々9万円の返済。

住宅ローンの返済が毎月10万円ある状態で、クレジットカードのリボ払いが9万円あり、手取り収入が30万円の状態では生活が苦しくなることは明らかでした。何とか滞納はしていなかったものの、病気をしたら返済に困る状況が見えていたのです。折しも賞与の支給額は業績と連動しているので、住宅ローンのボーナス払いが支給額を上回った時には月給から埋め合わせをする必要がありました。結果として、毎月の生活が苦しくなったにも関わらずまだ手元に現金を残してあったので債務整理に踏み切る迄に時間を要してしまいました。

給与所得者等再生により圧縮された返済額を完済しました。

債務整理を行なうために弁護士へ相談すると、任意整理ではなく住宅ローンを抱えながらも家を残すなら個人再生が適切とアドバイスをもらえました。しかし、オリコが含まれており住宅ローンがみずほ銀行だったので、債務整理を行なう際に個人再生を妨害される危険性があると言われました。小規模個人再生ならば、270万円の借金を100万円に圧縮して3年間で返済すれば良いのですが、債権者の消極的同意を得る必要があったのです。実際に手続きをするとオリコとジャックスから反対されて再生計画案が否決されたので、給与所得者等再生に切り替えて個人再生を行いました。給与所得者等再生ならば債権者の同意は不要だからです。支払額が可処分所得の2年分ということになり144万円に増えましたが、毎月4万円の返済で完済出来ました。

現金主義を徹底することが出来て、毎月の生活費が安定するようになりました。

今までは給与が毎年上がる前提で生活をしてきましたが、債務整理を行なうことで現実的な考え方に変わりました。小規模個人再生が否決されたことからも、金融会社にいかに迷惑をかけているかが分かったので、住宅ローン完済を第一目標として繰り上げ返済をするために貯蓄を続けています。クレジットカードは借金そのものという認識を今まで持っていなかったので、考えを改めるキッカケとなったと考えています。債務整理を準備する期間から返済完了までの期間が長いほど、反省する期間も長くなるので再度クレジットカードや借金をする気持ちにはならなくなります。現実主義的な生き方が出来るようになって良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

【体験談】収入のない主婦でも夫に内緒で任意整理は可能?

目次主婦が多額の借金をして生活が苦しくなった場合、正しい解…

個人再生と任意整理とはどこが違うのか?

目次任意整理とはどんな制度なのか?民事再生とはどんな制度か…

任意整理した借金を一括返済で支払いすれば得する?

目次任意整理をした借金の一括返済を考える任意整理した借金は…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

友人の借金を肩代わりして多重債務者に。

借入額350万円

借金を行なう際には冷静な判断力が必要でした

借入額270万円

親の介護で思わぬ借金生活

借入額100万円

浮気が原因のイタい代償

借入額280万円

生活費をクレジットカードに頼るようになったら債務整理に着手しよう

借入額160万円

リボ払いは打ち出の小槌ではありません

借入額160万円