クレジットカードで浪費をするようになり、借金地獄になりました。

2019.03.22 更新

30代

月収
借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
4年2ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は30代になるまでクレジットカードを作ったことがありませんでしたが、あることがきっかけでクレジットカードを作ることになりました。クレジットカードで高級靴や腕時計などを買うと、打ち出の小槌でも持っているような感覚になり、私の金銭感覚は徐々に麻痺をしていくのです。ある日、私は請求書を見ると、とても支払いができないほど借りてしまったことに気がつきました。そこで、消費者金融からお金を借りて、その月の返済をしたのです。いわゆる自転車操業です。これを繰り返していくうちに、私は5社から借り入れをすること結果に。総額は300万円ほどになり、私の年収と同じぐらいの金額だと気がついた時には額から汗が出ました。まずは酒とたばこをやめてお金を捻出しましたが、まだ足りません。続いて、毎日の食費を300円まで減らしました。75キロあった私の体重は、半年で64キロまで落ちてしまったのです。

預金はたった945円だけでした。

<督促方法>電話での督促、郵便での督促
<督促の詳細>6社目からお金を借りようとしたときのことです。なんと審査に通りませんでした。別の業者に審査を通してもやはり審査が通りません。その結果、滞納をすることになりました。もちろん、闇金から借りるという方法もありますが、家にやくざが来ても困りますし、会社にやくざが行っても私は会社に居づらくなるだけです。ですので、私は、闇金には手を出さず、滞納を選びました。滞納をすると郵便で督促状が届くだけでなく、電話で督促が来ます。それが2ヶ月も続くと、督促の内容がより厳しいものになりました。私が手にした督促状には、このまま支払わないと法的手段に訴えると書かれていたのです。さすがにそれを見た私は目が点になり、額には脂汗をかき始めました。このままでは、私の人生は終わってしまうと真面目に考えるようになったのは言うまでもありません。

弁護士さんに相談をしました。

借金で首がまわらなくなった私は、弁護士さんに相談をしに行きました。弁護士さんの知り合いはいませんでしたが、ネットの広告に載っていた債務整理に強い弁護士さんが近所にいたので、事務所まで行くことにしたのです。私はいままでに起こったことを弁護士さんに話しました。40代後半ぐらいの男性の弁護士さんは、私の話をメモをしながら聞いてくれます。すべて話し終わった私は任意整理を勧められました。どうやら、2社からは過払い金請求ができるということでしたので、総額で50万円ほど減額できる見込みです。弁護士費用について聞いたところ、それを支払うことを考えても任意整理をした方が遙かに得だと思ったので、任意整理をお願いしました。結果的に、毎月の支払いは5万円程度に縮小され、なんとか支払いができる範囲に縮まってよかったです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

レイクの債務整理体験談

長年の重荷が消えました。

借入額250万円

夫に内緒で借りた借金が200万円ありました

借入額200万円

債務整理で10年程続いた借金生活に終止符を打てました

借入額150万円

借金生活から解放されました。

借入額200万

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円

借金地獄から抜け出したい!!債務整理で救われた体験記

借入額80万円