家業の経営を助ける為に借金。

2019.02.06 更新

30代会社員

月収
借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
7年8ヶ月
毎月の返済額
5万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

一人暮らしをしていた20代の時に、家業の旅館が経営不振になりました。資金繰りに困っていたのと、親の生活も不憫になっていたので、貯金と借金をして親にお金を渡しました。借金を返してどれだけ利息を払っていくのか考えずにお金を借りました。その後、旅館はなくなく人員削減をし、経営はなんとか持ちこたえました。ですが私には借金が残りました。27%の金利での返済では借金残高が減りにくく、借金生活が何年も続いていました。年齢を重ねるにつれて、冠婚葬祭も何回もあり費用がかかります。低月収で借金をしたために、借金の支払いが生活費を圧迫し始めました。遊びに行く誘いがあってもお金がなくて行けなかったり、借金をして出かけたりしていました。なくならない借金に苛立ち、将来にも希望を持てずにいました。

次第に支払いが滞りました。

<督促方法>電話や郵便で督促
<督促の詳細>借金が膨らむにつれて、返済ができなくなり、支払日に払えず滞納しました。二日目に携帯電話と家に電話が来ました。始めは支払いますと告げましたが、その後も返済できずにいました。職場にも電話がかかりました。会社での電話の取り次ぎは私だったので、職場の人には怪しまれずに済みました。毎日毎日、督促の電話は止まりません。そのうち督促郵便も届きました。数ヵ月後に、ついに一括請求の支払いがきて焦ります。これから差し押さえとかがあるのかなと、不安に思うことだらけでした。精神的にも追い込まれて、体調も崩しがちになっていました。どういう手段を取れば良いかわからなかったのですが、一度法律事務所に問い合わせをしようと思いました。専門家の先生に相談するのは勇気が入りましたが、なんとかしなければ解決できません。

30分無料の面接相談に行きました。

インターネットを見て、3件の法律事務所に問い合わせをしました。その中で対応の良かった事務所に面接予約をしました。相談は30分無料でした。任意整理をして、借金を減らして返済することができるとアドバイスをもらいました。任意整理をしてもらったら、高金利で過払いがあり、借金が40万円まで引き下がりました。残りを月2万円で支払うことを約束しました。その後、返済が楽になり、全ての借金を支払い終えました。電話や郵便の督促からも開放され、借金生活から縁を切れました。まさか、大幅に借金が減るとは思いませんでした。借金に悩んだら、専門家の先生に相談すれば、的確にアドバイスをもらえますし、自分に合う手段で借金問題が解決できます。あきらめないで相談すると良いですよ。借金がなくなれば、生活にゆとりができて、普通の生活を楽しめます。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

任意整理と自己破産どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを徹底…

目次任意整理・自己破産の違い自己破産は任意整理に比べてデメ…

任意整理の期間と手続きの流れ〜和解・返済期間

目次任意整理の手続きから完済までの流れを解説弁護士・司法書…

債務整理をしたけどキャッシングを利用したいという人へ

目次債務整理をすると、キャッシングの利用はNG!「ブラックOK…

フクホーの債務整理体験談

浪費癖により借金だらけになりました。

借入額200万円

シングルマザーで思うようにお金が稼げず借金をするように

借入額170万円

浪費が原因で多重債務になりました。

借入額180万円

仕事を失わないことが何より最優先です

借入額320万円

バイナリーオプションは50%ではない

借入額170万円

親が営んでいた自営業の経営悪化し資金繰りのお金が必要のため、借金してお金を渡しました。

借入額150万円