自分が経営してい雑貨屋の売上が落ちて資金が足らなくて借金をしました

2019.03.22 更新

自営業

借入先業者名
借入額
280万円
借入期間
9年6か月
毎月の返済額
3万2千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私の経営しているお店の状態が悪化して、きちんと利益を上げられなくなってしまったので、当面の必要経費を捻出するために、消費者金融からお金を借り入れてしまいました。最初に借り入れた金額は10万円程度とそれほど額は多かったわけではなかったのですが、その後も何回も借金をしてしまって、最終的には300万円近い金額の借金をしてしまいました。ですがどんなに借金をしてもお店の売上が回復することはなく、むしろお店の経営が悪化してしまったので、どうしようもなくなり店舗を売却することにしました。その際に得たお金を借金の返済に一部回したのですが、あまり良い条件で店舗を売ることが出来なかったので、完済することは出来ませんでした。そしてだんだんと借金の返済を滞納するようになってしまいました。

家族や親戚にまで催促の連絡があったので驚きました

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>滞納期間が長くなると色々な形で取り立てをされるようになり、とくにきつかったのが電話での催促でした。お店をたたんでからは自宅にいることが多くなり、催促の電話に頻繁に対応していたのですが、本当に厳しい口調で返済を要求されるのが思っていた以上に辛かったです。時間を選ばずたくさん催促の電話がかかってくるので、だんだんと出るのが嫌になり居留守を使うようになりました。しばらく電話での催促を無視していると、突然家族から連絡がありました。電話に出ると家族や親戚に催促の電話がかかってきていると聞かされショックを受けました。自分がした借金なのに、家族や親戚にまで迷惑をかけてしまうのかと、借金の怖さを身にしみて理解しました。それからはきちんと催促の電話に出るようになったのですが、精神的にすごくきつかったです。

あまりにも厳しく取り立てられたので弁護士を頼りました

取り立ての状況を弁護士の方に説明すると、違法性の高い取り立て方法だと指摘してくれました。借金の取り立ては消費者金融の業者から、債権回収業者へと対応が移っていたので、債権回収業者に対して注意してもらうことになりました。弁護士の方は細かい部分の調査を色々としてくれて、証拠を集めてから業者に是正を促す対応をしてくれました。するとすぐに催促の電話がなくなり、厳しい取り立てがなくなったので助かりました。それにきちんと債権回収業者と調整をしてくれて、ある程度の借金を精算して、きちんと返済を続けられるように交渉をまとめてくれたので、毎月の返済を再開することが出来ました。滞納していた期間は本当に辛かったのですが、弁護士の方の素晴らしい対応のおかげで、普通の生活に戻れました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

債務整理って怖そうだけど実際は?メリット・デメリットを解説

目次債務整理とは何か4つの債務整理債務整理のメリット債務整…

保証人になると債務整理をされたときに何か問題ある?

目次借金を債務整理した場合、保証人への影響はあるのか保証人…

モビットの債務整理体験談

浪費癖があり、借金をすることに。

借入額370万円

まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

借入額400万円

利息は返済を遅らせる原因です

借入額元本ベースで130万円

任意整理のおかげでリボ払いから始まった借金地獄から抜け出せました

借入額260万円

借金に追われていた友人の連帯保証人でいたが、逃げられてしまい、請求が私に来て借金を肩代わりすることになりました

借入額288万円

会社を退職して収入がゼロになり借金をしました

借入額180万円