正社員として初めて就職したころ、仕事のストレスとカード決済の気軽さから買い物にハマりました。当時の月収は16万、請求が多い月で5万ほど来たのでリボ払いに変更すると余計に返済困難になりました。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
90万
借入期間
4年
毎月の返済額
2万

借金をしてからの、生活や環境の変化

楽天カードで40万、JCBカードで30万ほど利用して生活用品やその他の買い物をしていました。目に見える現金がなくならないという現実感のなさから大きな買い物に抵抗がなくなり、気づいたら計70万円の負債を抱えて支払い不可能になりました。その場しのぎの対策としてカードをリボ払いにして支払いを先延ばしし、カードが使えない分の足りない生活費をプロミスから20万ほど借りることで当面の生活をしていました。返済のために借金を作ることで次第に生活が不自由になり、家賃や光熱費も滞納するようになりました。現在は各社との話し合いで借金自体の支払いには追われていませんが、その頃に滞納していた生活費の遅れがなかなか取り戻せず、常に催促の電話や郵便が来ている状態になりました。

家賃や光熱費を滞納しているころで督促が来ても支払えず、正直言って無視するしかないと思う状況でした。

<督促方法>電話、郵便(封書)
<督促の詳細>まず、回収業者から電話が来ました。支払いができないため対応に困り無視していると、しばらくして督促の封書が届きました。中を確認すると請求に応じない場合は法的手段に訴えるといった内容が書いてありました。さらにを無視していると届く封書の色が白から黄色、最後には赤色に変わりました。赤色の封書を開け文面を確認すると、これまでの督促文に加えて「度重なる請求に応じず不誠実だ」といったことが書かれており、さらに支払い期日と金額が黒の太字で強調されて表記されていました。また、不服があればこちらに問い合わせるようにと担当弁護士の名前と法律事務所の住所に電話番号が書かれており、今後は全て法律事務所を通して対応するといった内容に変わっていました。その間も何度か業者から電話がありました。各社ともに同様の経過で督促が来ました。

赤色の封書が来た時点で法律事務所に連絡し、支払期限と金額の交渉をしました。

赤色の封書が来た時点で、文面に書かれていた法律事務所と回収業者に連絡しました。そこで支払い期限を延ばしてもらうことと「確実に月々支払える」額を提示することで支払いを継続できるように交渉しました。債務整理は以前にしたことがありましたが、入院をきっかけに当時の弁護士から指定された額を支払うことができなくなり打ち切られたため、自力での交渉を試みるしかありませんでした。結果としては楽天カードからは月3千円の支払いで交渉が成立し、またJCBカードからは月7千円で話がまとまりました。また督促の封書が来た法律事務所を通して、手付金ではありませんが各社に少額の支払いをすることで返済の意思があることをアピールしました。その上でいくら払えない金額を提示されてもこちらも返済が進まないし業者にとっても不利益ではないか、ならば少額でも無理なく継続できる金額を早く決めたほうがおたくも回収ができるのではないか?といった内容で交渉したところ上手くいきました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードの借金返済体験談

娯楽や趣味の車にお金を使いすぎて借金をするようになりました

借入額250万

給料の補てんのために借入て以来、借金生活。

借入額120万円

様々なギャンブルを行い借金。返済よりギャンブルに使い返済不可能に。

借入額100万円

趣味のパチンコに夢中になって借金を作ってしまいました

借入額90万