遊びで借金をして借金地獄に。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年1ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

彼女と別れてから浪費癖が出てきました。お金を使って気を紛らわせたかったのです。今まで我慢していたギャンブルや女遊び、風俗、ブランド品購入などさまざまな所にお金を使いました。手元にお金がなくなるとキャッシングで2,3万円引き出してまた夜まで遊ぶという生活です。このような生活をすると、お金のありがたみがわかならなくなり、限度額まで使ってしまったのです。返済の時は、給料から出しますが、足りない分は別の貸金業者から借りることでなんとかなると思っていました。それを繰り返すうちに、最終的には4社から合計で200万円の借金をすることに。この辺りで異変に気がつきました。もしかしたら自分は返済できないぐらいに借りてしまったのではないかと。それからというもの、贅沢は一切辞めて、食べるものすら節約をするようになりました。

他社の支払いをしたため、手元には1000円程度しか残されていませんでした。

<督促方法>郵便と電話での督促
<督促の詳細>5社目から借り入れをしようとすると、審査に通りませんでした。その結果私は滞納することになります。審査に通らなかったのは、他社からの借入れ額が多かったからでしょう。別の会社からの借り入れもできずに途方に暮れていたところ、滞納した所から督促状が来てしまいました。督促状には、『期限までに支払いの確認がとれていません』ということと『新たな支払期限までに支払ってください』という内容が書かれていました。ですが、好きで滞納をしたわけではなく、どこからも借りる事ができないのです。私はこの時自分に絶望しました。頭の中ではいつか返済はできると思っていたのに、借金は増えていく一方だったからです。やがて、毎日のように電話の督促も来ます。私の頭の中は返済のことでいっぱいになり、仕事も手につかない状態が続きました。

弁護士事務所に駆け込みました。

追い込まれた私は、弁護士に相談をするため、事務所に行きました。事前に連絡をしたいたので、すんなり中に入ることができました。私を迎えてくれたのは50代前半ぐらいのダンディーな弁護士です。私は、今までの経緯を話し、借用書や預金通帳、督促状を見せます。すると弁護士さんは『過払い金が発生している可能性がありますので情報の開示請求をしてみましょう』といい、業者のほうに連絡してくれました。そらからピタリと督促がとまったのびっくりです。しばらくは電話でのやりとりが数回あったあと、4ヶ月目に過払い金請求が完了したという連絡受けました。36万円ほどの過払い金が戻って来たのです。そのおかげで毎月の返済がとても楽になりました。結果的に、過払い金請求から2年経った時、今までの借金を完済することができたのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

任意整理をした後でも「VISAカード」を使う方法と注意点

目次VISAの借金を任意整理するための条件任意整理後に「VISAカ…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

妻が妊娠後入院する事になり、入院費の為に借金。

借入額200万円

マイホームに住み続けられます。

借入額200万円

その頃は安定した収入がありましたが、収入の範囲内で生活をすることが出来ず、お金にとてもルーズな暮らしでした。

借入額480万円

長い間返済を続けてきた借金を、合理的な方法で解決出来た

借入額200万円

両親の医療費に苦しめられました

借入額360万円

借金返済なら、債務整理が一番の近道です

借入額170万円