友達の借金を肩代わりして借金地獄へ。

2019.01.11 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
3年1ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は、友人の借金を引き受けてしまいました。昔から仲のいい友人だったので放っておけません。ところが、気がつくと友人が消えていました。電話をしても出てくれません。どこかへ逃亡してしまい探しても見つからないのです。さすがにショックでした。最初は1社から借り入れをして返済を肩代わりしていましたが、最終的には4社から借り入れをするようになりました。そうすると返済額が大きくなります。返済額が大きくなると返済が思ったように順調にいかないのです。その結果、食べるものにお金をかけなくなってきました。しかも洋服や靴なども買わなくなり、貧相な格好をするようになってきます。彼女ができなくなったのもそのためかもしれませんが、いずれにしても肩代わりをしたことが悪循環の始まりだったのです。

すでに財布には200円しかありませんでした。

<督促方法>郵便での督促
<督促の詳細>督促があったのは、滞納してから2週間が経過した頃でした。この頃は、財布に200円しかなかったほど貧しい生活をしていたのです。私には中学生の甥っ子がいますが、甥っ子のほうがお金を持っているようで、その事実をした時は愕然としたのを覚えています。督促状にはまだ払い込みが確認できていませんので払ってくださいという事が書かれていましたが、200円だけしかお金がないのでどうしようもありません。この時ほど友人を恨んだことはないでしょう。結局その月は支払いができず滞納2ヶ月目に突入しました。すると、次に届いた督促状は厳しい内容が書かれていました。次の期限まで払わないと裁判しますよという内容です。さすがこれに対しては動揺しました。とうとう私は崖っぷちまで追いつめられたのです。

弁護士さんに任意整理をしてもらいました。

弁護士さんに電話で相談をすると、『詳しくは事務所でお話ししませんか』と言う返事をいただきました。次の仕事の休みの時に私は弁護士さんに直接会って相談してみました。弁護士さんに一部始終話をした後、私はいくつかの質問を受けます。主に今生活に必要な出費はどれくらいかということです。毎月の出費が分からないと任意整理が妥当なのか個人再生が妥当なのかが判断できないわけです。それらを計算した結果、弁護士さんは私に任意整理を勧めてくれました。任意整理をすることで、毎月の返済額は半分ぐらいになるということでした。過払い金が発生している事はもとより、今後発生する予定の利息も減らすことができるということです。3ヶ月が経過した頃、毎月の返済の金額が4万円で済むことに決定しました。弁護士さんには感謝してもしきれません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

プロミスの借入を債務整理すると、信用情報に傷がつく

目次プロミスの過払い金請求は可能なのか債務整理をしたことが…

モビットの債務整理体験談

債務整理にするかおまとめローンに切り替えるか悩んだ結果

借入額210万円

仕事を辞めたことで生活費に困り、借金をすることになりました。

借入額400万円

仕事で使う機材を借金で購入しました。

借入額240万円

任意整理の分割回数は交渉に決まることに驚きました

借入額240万円

父親の借金を相続しました。

借入額450万円

生活費が足らないので借金生活に突入。

借入額290万円