周りに見栄を張って散財。クレジットカードを限度額まで使い借金苦に。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
5年5ヶ月
毎月の返済額
6万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は友達などを作るのが苦手で社会人になってから食事やお酒の席で会計を全て行うと周りから喜ばれて、いつの間にか友達も増えた事から支払いなどを喜んでするようになったのです。見栄を張る事でお金持ちの印象を周りに与えると、さらに知り合いが増えていき正直良い気分でした。手元にお金がなくなるとクレジットカード払いなどを行い、それで現状を維持していたのです。しかしそんな生活も長くは続かず、クレジットカードもクレジット枠とキャッシング枠全て限度額まで借りてしまいました。お金がない事が分かると、知り合いも私の元から離れていき残ったのは借金だけだったのです。お金があったから近寄ってきた人間ばかりだと気づき、落胆もしましたがそれ以上に借金に悩まされる日々が問題でした。

督促状が家に届きました。

<督促方法>郵便での督促状
<督促の詳細>クレジットカードはクレジット枠とキャッシング枠などがあり、クレジット払いできない時には現金を借りて対応していました。そのため、クレジット枠とキャッシング枠それぞれに金利が発生している状況で、返済が非常に苦しかったです。月によっては少しの期間滞納する事もあったのですが、電話での催促も温和で電話に出なくても返済すれば電話がかかってこなくなっていました。この状況に対応しても問題ないと感じるようになり、生活が苦しい時にはわざと滞納する事もあったのです。滞納期間が3ヶ月を過ぎた頃に家に通知が届き、記載されている期日までに返済しないと法的手続きに写ると言う内容を見て動揺しました。これまで温和な金融業者と侮っていた事を後悔しましたが、どうすれば良いのか全く分からない状況だった事を覚えています。

弁護士に相談して債務整理を行いました。

いきなりの通知に怖くなりすぐには返済できる状況でもなかったため、弁護士に相談しようとも思いましたが、費用面が心配で中々決断できなかったのです。しかし、相談だけなら無料の弁護士事務所を見つけ、相談だけでもしてみようと訪問してみました。親切に対応してもらい、十分な説明を受け費用に関しても分割払いや後払いが可能と聞いたため、それならばと契約する事にしたのです。契約後は迅速に対応してもらい、返済も一時ストップしてもらいました。これにより余裕が生まれ、精神的負担も軽減された事が利用に関して良かった点の一つです。債務整理によって借金が減額され、返済しやすいように調整されたためその後は楽に完済する事ができました。見栄を張るとろくな事がない事を痛感してからは、慎ましく生活しています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

住宅ローンが苦しくて債務整理するけど持ち家は残したい!

目次住宅ローンの支払い延滞は、ブラックリストに載る!債務整…

楽天カードの債務整理体験談

調停員が親切でした。

借入額80万円

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円

無年金の親の生活費を、私名義で借りました

借入額250万円

自分にもあった、過払い金!

借入額340万円

クレジットカードやカードローンの返済が出来ない!会社を辞めさせられた私が選んだ道は任意整理でした

借入額250万円

返済の計画を立てられました。

借入額100万円