クレジットカードの便利さに感動して頻繁に利用。無計画な利用で借金苦に。

2019.01.11 更新

会社員

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
5年
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

ポイントカード発行の際にクレジットカード契約を勧められて、何となくクレジットカードを作りました。最初は利用していなかったのですが、ある日お金がない時にクレジット払いした時に、その便利さに感動してそれからは頻繁に利用するようになったのです。会社員としての収入はそれ程なくお金に困る事もあったため、クレジットカードは便利に活用できるものでした。借金している感覚もそれ程なく、すぐに限度額までクレジット枠もキャッシング枠も使いきってしまったのです。利用できなくなってからもその頃の暮らしを忘れられずに散財する日々で、少額返済にも関わらず滞納するようになってしまいました。1ヶ月滞納するだけでも次の返済とかさなって辛くなり、さらに長い期間滞納する事も珍しくなくなったのです。

電話での催促後、無視し続けると督促状が届きました。

<督促方法>電話の催促と督促状の送付
<督促の詳細>散財する日々で貯蓄もなく、クレジットカードの返済に関しても遅れ気味になっていました。催促の電話があり、最初はすぐに支払いますと告げると簡単に電話をかけてこなくなっていましたので、この方法によりやり過ごせていたのです。しかし、徐々に相手の口調も厳しいものになり、電話に出ても不快でしたので無視するようになりました。それでも遅れながら返済していたのですが、悪条件がかさなり3ヶ月程滞納してしまったのです。これにより督促状が届き、場合によっては法的対処を行うと記載されており、事態の深刻さに気づきました。しかし、相変わらず散財する日々でしたので、すぐに返済できる状況ではなくお金を借りれる知り合いもいなかったため、どうしようもなく途方に暮れていたのです。

弁護士に依頼して取り立てをストップしてもらいました。

取り立てだけでもストップしてもらえないかと焦り、自分では電話しても通用しないと感じたため弁護士に相談する事にしました。弁護士に依頼する事ですぐに取り立てなどはストップしてもらいましたが、少額返済で働いているのに返済できない状況は散財が原因と告げられ、まずはそれを止める事をアドバイスされたのです。確かに散財を止めれば返済できると感じ、すぐに考えを改めました。返済が早く終わるように借金を調整してもらい、計画的な返済を意識するようになったのです。散財を止めた事により返済は問題なく行えるようになり、余裕のある時は多めに返済してまずはキャッシング枠を返済してしまいました。これによりさらに返済が楽になり、無事完済する事もできたのです。弁護士に相談してきっかけを得る事ができ、利用して良かったと思います。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

借金の任意整理を専門家に依頼したい!費用はどれくらい?

目次借金の「任意整理」、専門家へ相談するのを躊躇させる費用…

楽天カードの債務整理体験談

ダイエットに夢中になって借金をつくりました

借入額180万円

お金の貸し借りは親族間でも慎重に!

借入額220万円

減額はあきらめていました。

借入額200万円

車を失わずに済みそうです。

借入額150万円

返済計画を立ててもらいました。

借入額70万円

浮気相手に貢いでしまい借金地獄に。

借入額290万円