サークル仲間の同級生がカードローンの事を教えてくれて自分も気が付いたらカードローンを使うようになりました

2019.02.06 更新

学生

借入先業者名
借入額
60万円
借入期間
1年間
毎月の返済額
3万2千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

大学生になってから、初めてカードローンを利用しました。サークル仲間の同級生がカードローンの事を教えてくれてアコムやプロミスなら大学生でも借りられる事も教えてくれました。当時は21歳で自分も遊びたい年頃でしたので親に内緒でカードローンを使うようになっていきました。同級生の言う通りに無人契約機に行けば、即日でカードを作る事ができたので本当にカードを作るのは簡単でした。カードが使えるようになってからは、金遣いが荒くなりましたね。最初は欲しかった高いギターや乗りたかったバイクを買いました。他にも大学のサークル仲間に食事やお酒をおごったりしました。付き合っていた彼女にも高価なプランド品をプレゼントしたりしたので、あっという間に50万くらいは使ってしまいました。

バイト代で返済しようとしましたが、無理でした

<督促方法>最初は電話での催促でしたが、滞納して3ヵ月目で郵便の催促が来ました
<督促の詳細>カードローンなのに、自分の貯金のような勘違いをして使ってしまい、あっという間にプロミスもアコムも限度額の30万を使ってしまいました。振り返って考えれば、本当に自分は馬鹿な事をしてしまいました。当時は大学の図書館でバイトはしていましたが、月に10万円稼げればいい方ですので、このバイト代で60万(借金の合計)を返済するのは大変です。最初の月はアコムもプロミスも無利息でしたが、翌月からは18%近い利息が取られる事も忘れていました。返済が遅れた時は業者から携帯の方に連絡が来ましたね。その時に延滞損害金の事も電話の担当の人から説明をされました。これも年間で20%くらい借金に上乗せされます。郵便での催促が来た時に親にカードローンを使っている事がバレてしまい大目玉を食らう事になりました。

親と相談して、とりあえず父親が借金の肩代わりをしてくれました

カードローンで60万の借金でしたが、親にバレた時はかなり怒られました。この時に父親から借金の怖さや多重債務になるケースを詳しく教えてもらい、大学生の内はカードローンは使わない事を約束させられました。自分としては、本当に申し訳がなくて買ったギターやバイクは売却して返済の足しにする事にしました。父親は「そこまでしなくていい」と言いましたが、自分としてはこれくらいの誠意は見せたかったので両方ともリサイクル店で売却しました。ギターは3万円でバイクは5万でしたので購入した時の4分の1くらいの値段にしかなりませんでした。しかし、自分はカードローンで買ったような物は、いつまでも手元に置きたくなかったです。若気の至りで作ってしまったカードローンですが、父親が借金の肩代わりをしてくれた後はカード自体を解約して2度と使わないようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金返済体験談

ギャンブルで多額の借金を作ってしまいました

借入額250万円

主人の借金が発覚し生活費に困りどんどん借り入れしてしまい、あっという間に自転車操業に。

借入額150万円

趣味のパチンコに夢中になって借金を作ってしまいました

借入額90万

チューニングカーにはまったことがきっかけです。当時は外食レストランで店長をしており、年収も税引き前で700万を越えていました。それなのにローンが通らなくなりプロミスとアコムから50万ずつ借りました。

借入額600万円

正社員として初めて就職したころ、仕事のストレスとカード決済の気軽さから買い物にハマりました。当時の月収は16万、請求が多い月で5万ほど来たのでリボ払いに変更すると余計に返済困難になりました。

借入額90万

自動車が大好きなため、改造費用を捻出するために借金。

借入額200万円