やっと雇用してもらった会社で無理強いされて高価な買い物を。仕事を解雇されて借金返済に苦労する羽目に。

2019.03.30 更新

無職

借入先業者名
借入額
120万円
借入期間
3年6ヶ月
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

中々就職が決まらずにやっと雇用してもらえた会社で営業職を行う事になり、雇用主がビジネスマンは身なりが大切だと高価なものを付けるように強要されました。やっと決まった仕事ですし、これから働く事で収入も安定すると感じたため、この要求に応えて高価な時計やスーツを借金して購入したのです。初めて社会人としての仕事を行い営業職の難しさに悩む日々でしたが、それでも一生懸命頑張っていました。しかし、雇用主が成果が出ていないから解雇すると突然告げ、職を簡単に失ったしまったのです。雇用主から強要されて購入したものの支払いが残っているのに、関係ないと一方的に辞めさせられました。この後は一時放心状態で、借金の事も心配でしたが何も考えられないような状況が続いたのです。

督促状が届いて一括請求をすると告げられました。

<督促方法>郵便での督促状
<督促の詳細>簡単に職を失い、雇用主の横暴な態度に社会の厳しさを痛感して、身も心もぼろぼろの状態でした。一時は何も考える事ができずに、ただ日々が過ぎていくだけの状態だったとも言えます。そんな日々が続く内に返済日が近づき、返済できないため悩みながらも何の連絡もなしに滞納しました。数週間で催促の電話があったのですが、怖くて出る事ができずに無視する事にしたのです。その後も電話は続き、無視し続ける事も辛い状態でノイローゼになる一歩手前だったかもしれません。2ヶ月を過ぎた時に郵便物が届き、支払わなければ一括請求すると告げられました。無職の上にお金もない状態では不可能な事で、この時にようやく事の重大性に気づいたのです。怯えながらも解決策を探りましたが、自分では何も思いつきませんでした。

専門家に依頼して自己破産する事にしました。

自分では解決できないと考えて、お金はないですがとりあえず専門家に相談だけでもしようと相談料が発生しない所を選びました。返済能力もなく借金も高額でしたので、自己破産をする事をこの時に決意したのです。依頼するとすぐに取り立てがストップして、毎日のようにかかってきていた催促の電話から解放されました。その後は手続きを無事終えて、自己破産が成立し返済義務もなくなったためほっとした事を覚えています。一人で悩んだ末に命を落とすような結果にならなくて良かったと感じ、依頼した専門家の方には感謝しかなかったです。自己破産すると生活に影響が出ると想像していましたが、それ程の不都合もなく現状では再就職して安定した生活を送る事ができています。自己破産を怖がらずに、どうしようもない時には検討してみるのも良いかもしれません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

エポスカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次エポスカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

楽天カードの債務整理体験談

パチスロ中毒になってしまって多重債務者になりました

借入額200万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

浪費癖があり、借金をすることに。

借入額370万円

企業に伴い生活が苦しくなって借金をしました

借入額180万円

投資に失敗して借金をつくりました

借入額180万円

仕事で使う車を自損してしまい、借金。

借入額150万円