FXの取引で大損害を出してしまい、カードローンで追証金を返済するしかありませんでした

2017.11.29 更新

公務員

借入先業者名
借入額
200万
借入期間
3年
毎月の返済額
5万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

公務員ですが、副業でやっていたFXで大損害を出してしまった時に200万近い借金を作ってしまいました。5年ほど前から小遣い稼ぎでやっていたFXですが、最初は一日に2時間くらいのデイトレードをして月に5万くらい稼いでいました。FXの場合は24時間いつでも取引ができるので仕事が終わった後に家のパソコンで取引をする事が多かったです。FXはレバレッジという機能があり、それを使えば証拠金の何倍もの取引ができるようになっています。自分は証拠金を100万近く預けていましたが、300万までの取引ができるようになっていました。レバレッジを使って取引をしていた時に失敗して大損害を出してしまいました。証拠金の100万がなくなり追証金の200万を返済する為に、みずほ銀行から200万の借金をする事になりました。家族がいる身でしたので、やはり家内にこの事がバレるのが一番怖かったですね。妻の親族にこの事がバレたら、駄目夫の烙印を押される恐怖感がありました。

家内にバレるのが怖くてビクビクしていました

<督促方法>自分の携帯に担当のスタッフから催促の電話がきました
<督促の詳細>金利の低いカードローンを探してる時に、みずほ銀行のカードローンが見つかりました。銀行のカードローンですので審査は厳しいと思われましたが、公務員でしたので200万の融資を受ける事ができました。残高スライド方式の約定返済ですので最初は月に5万円くらいの返済をするペースで返していく事になります。金利は7パーセントになりますが、銀行のカードローンとしては低金利だと思いました。返済が遅れた時には催促の電話が携帯に来ましたが、優しい口調で注意してくるだけでしたので全く怖い部分はありませんでした。FXの方は追証金の200万をカードローンのお金を使って全額返済したので再開する事ができました。大損害を出した事を教訓にしてレバレッジは絶対に使わないようにしました。

妻のいる自宅への催促だけはしないようにお願いしました

レバレッジを使って大損害を出してしまったFXですが、再開後は慎重にデイトレードをするようにしたので再び月に5万くらいの利益を出せるようになりました。その利益をカードローンの返済に回す事もできたので約定返済で200万の借金を金利を含めて3年で返済する事ができました。銀行がプライベートを考慮して返済が遅れても妻のいる自宅には連絡しなかったので家内に借金がバレる事はありませんでした。200万の借金でしたので自分の力だけで完済するのに3年もかかりましたが、無事に返済が終わって良かったです。FXのレバレッジの怖さは取引でロスカットを食らって実際に追証金が発生した時に初めてわかりました。これからもFXは続けていきますが、レバレッジは使わずに地道に取引をして利益を出していきたいですね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

みずほ銀行の借金返済体験談