ギャンブルをするために借金をしました。

2019.03.13 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
200万円
借入期間
2年4ヶ月
毎月の返済額
7万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

僕は大学卒業後、フリーターとして毎日働いています。就職活動に失敗したためです。大学を卒業してまもなくは、バイトをしながら就職活動を続けていました。しかし、不採用通知が家に届くたびに、やる気が削がれていきました。正社員として働いている友人たちを見るのが辛かったです。自分は落ちこぼれなのだと、現実を突きつけられるようでした。バイトをかけ持ちして毎日働いても、正社員の給料には到底届きません。社会から拒絶されたような気にすらなっていました。僕はだんだん荒んでいったのです。荒れていた僕は、ギャンブルをするようになっていきました。学生時代にはやろうとも思わなかったのに、なぜかギャンブルに熱中していったのです。給料からギャンブルをするためのお金は出せないので、借金をすることにしました。

一括請求が家に届いたとき、自分の愚かさに気づかされました。

<督促方法>一括請求
<督促の詳細>借金をしても、給料から返せる余裕はありません。そのため、ギャンブルで勝ったお金を借金の返済にあてようと考えていました。今にして思えば、とても甘い考えだと分かります。ですが当時の僕は、「とにかくギャンブルをしたい。」たったそれだけのことしか考えられませんでした。きっと現実逃避をしたかったのだと思います。ギャンブルをしている間は無心になれました。社会から置いてけぼりをくらったことなど、微塵も感じることはないのです。ギャンブルは、勝ち負けの浮き沈みが激しいです。何万円も買つ日もあれば、何十万円も負ける日もあります。そのため、借金の返済を出来る月と出来ない月があり、返済が滞りがちになっていました。借金を滞納して数年経ったころ、借金の一括請求の請求書が家に届きました。

債務整理をしてもらえるように、弁護士に依頼をしました。

借金の一括請求など、フリーターの収入では到底出来ません。ましてや、ギャンブルにのめり込んでいた僕などもっての外です。しかし、一括請求の通知が来たことは事実なのです。今まで現実逃避をし続けていた僕は、一瞬で現実に引き戻されました。一括で返済することが出来なければ、給料を差し押さえられてしまう可能性もあります。それだけはどうしても避けたいことです。悩んだ僕は、弁護士に債務整理を依頼することにしました。任意整理をすれば、一括で返済することを免れます。僕は現実から目を反らすことをやめ、借金と向き合うことに決めました。そして弁護士に任意整理をしてもらった僕は、毎月借金を返済しています。熱中していたギャンブルからは足を洗いました。債務整理をしたことを無駄にしたくはなかったからです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

任意整理でアイフルの借金を減らしたい時の要確認ポイント

目次アイフルの借金を任意整理する際の4つのメリット。将来利息…

オリコの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次オリコなどのクレジットカードも任意整理できるクレジット…

モビットの債務整理体験談

任意整理で返済額が減り、完済後も計画的にお金を使っています

借入額500万円

債務整理をしての結果

借入額250万円

見栄をはるために浪費をしすぎました。

借入額300万円

債務手続きを実体験しました

借入額200万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円

秘密に借金を処理したいなら過払い金請求

借入額150万円