新規事業の立ち上げ後の資金確保のために個人で借金をしてしまった。

2019.03.22 更新

自営業

借入先業者名
借入額
320万円
借入期間
7年2か月
毎月の返済額
4万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

自分の経営している会社で新規事業を立ち上げたのですが、追加で色々と設備の増強が必要になりました。ですがすでに金融機関から多額の融資を受けていて、これ以上お金を借り入れることが困難だったので、消費者金融からお金を借りることにしました。その後は徐々に事業も軌道に乗ってきて、利益を確保することが出来るようになったのですが、金融機関への返済と合わせて消費者金融へも返済をしないといけなかったので、かなり苦しい状態となっていました。仕方なく自分の給料をカットして返済に回していたのですが、それでも返済がままならなかったので、少しずつ滞納するようになってしまいました。大手の金融機関への返済に関しては信用問題もあるのできちんと返済をしていたのですが、消費者金融への返済に関しては2年以上滞納することになりました。

自宅や会社に多くの催促状が届くようになり怖かったです

<督促方法>電話・郵便での催促
<督促の詳細>消費者金融の借金に関しては個人でしていたので、まずは自宅に催促状が届くようになりました。当初は週に一通程度の量だったのですが、だんだんと数が増えてきて、最終的には週に5通程度届くようになり、記載されている文言もきついものへと変わりました。その中には自宅の差し押さえを示唆するものもあったので、正直かなり怖いと感じていました。その後は会社に色々と電話がかかってくるようになり、従業員が働いている時間にとても多く連絡があったので困りました。債権回収業者からの電話があると、従業員も怖がるので電話での催促に関してはやめてほしいと思っていました。ただ滞納しているのは私なので、業者と交渉することも出来ず、ただひたすらに取り立てが収まるのを願っていました。

長い期間取り立てが続いたので弁護士に問題の解決を依頼しました

会社の正常な営業に支障をきたすような取り立てが増えてきて、自分ではきちんと解決することが困難だと判断したので、知り合いの弁護士に相談させてもらいました。知り合いの弁護士は、きちんと法律的な観点からこの問題に取り組んでくれて、適切な解決方法を提示してくれました。そして率先して債権回収業者と交渉を行ってくれて、まず取り立ての問題をスピーディーに解決に導いてくれたので助かりました。また借金を効率的に返済出来るように双方の一致点を見出してくれて、月々の返済金額を大幅に減額してくれたので感謝でした。弁護士に相談をしてからはすべてが順調に進んで取り立ても収まり、借金を滞納せずに返済出来ているので、心から感謝しています。ただもっと早くに弁護士に話をしていればと思いました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

アルバイトでも債務整理できる?

目次「安定した(継続的な)収入」があることがポイントアルバ…

債務整理する際に借金をした理由は関係がある?

目次債務整理には代表的な方法として「任意整理」「個人再生」…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

レイクの債務整理体験談

ネットショッピングにはまって借金を重ねていたけれど債務整理で悩みが無くなりました

借入額130万円

自分磨きの為、借金。

借入額150万円

個人再生と自己破産のどちらにするかは弁護士により見解が異なります

借入額280万円

まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

借入額400万円

借金を始めたきっかけはギャンブルでした

借入額130万円

典型的なギャンブル依存症で多重債務者に。

借入額400万円