離婚した後で高額な養育費の支払いを埋めるために借金。

2019.03.22 更新

会社員

借入先業者名
借入額
430万円
借入期間
6年11ヶ月
毎月の返済額
13万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

離婚時に決められていた養育費の支払額が毎月10万円と高額で、会社の業績が悪くなりボーナスが支給されなくなった時点で借金をしなければ養育費を支払えない状態でした。収入の減少を理由に養育費の減額を元妻側に求めたものの、弁護士を通じて却下されてしまったので借金を続けながら収入が回復するのを待つ状態が続いたわけです。全ての借入先からの借入がストップした段階で、諦めなければならないと感じたものの何とか遅れながらも返済を継続する状態を続けていました。残業も禁止されている状態で、副業も禁止でしたから多くの同僚が去ってゆく中でも、養育費の支払いを続けるためにも何とか今の会社に歯を食いしばり残ることを決意して、ひたすら返済日が来ることに恐怖しながら生活していたことを覚えています。

給料額では返済額が足りずに返済期日が過ぎるとすぐに督促が続きました。

<督促方法>毎日3回の電話での督促と、毎週の郵便督促がありましたが、裁判所からの特別送達により訴えられたことを知りました
<督促の詳細>携帯電話と会社へ督促電話が毎日3回あり、家には毎週督促状が送付されて来ていました。みずほ銀行のカードローンのみ100万円を滞納している状況で、残り3社については返済を遅れずに送っていました。しかし、みずほ銀行の滞納が毎月の返済額を返せずに一部のみ返済を続けていた所、保証会社のオリコへ代位弁済請求がされて、オリコから突然一括返済を求める裁判を起こされました。突然簡易裁判所からの特別送達が届いて開けると訴状だったので、債務名義を取得するための訴訟だと一目で分かったのです。訴えられたことが初めてだったので、頭が真っ白になりましたが、状況が変わることは無いので何とか対策方法はないかと調べることにしました。抗弁書の提出を行う必要があったので、なるべく早く対策を取る必要に迫られていたわけです。

弁護士に債務整理を依頼しました。

弁護士にオリコから訴えられた訴状と今までの取引履歴を全て持って相談に行くと、その場で債務整理を依頼することになりました。家は元妻と子供が住んでおり、住宅ローンの残りも負担していましたが、家を追い出されてアパート暮らしだったので既に自分が住んでいない家以外に資産は何もありませんでした。弁護士と相談した結果として、自己破産を行うことにして受任通知を発送してもらうと、オリコからの訴えは取り下げられました。この時点で既に人生をやり直すことに腹は括っていたので、個人再生ではなく自己破産で全てを一度清算することにしました。全ての債務を破産債権として届け出て整理することになったので、破産管財人事件となり破産免責が下りるまでには8ヶ月ほど掛かりましたが、無事に清算出来て良かったと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

銀行のローンも債務整理で返済を減らすことができる!?

目次銀行のローンも「借金」と同じ仕組みです。銀行ローン以外…

2回目の債務整理(任意整理)は可能!1回目と異なる注意点

目次2回目の債務整理は可能。しかしデメリットを受ける可能性も…

バンクイックの借金を任意整理する前に!見落としがちなポイント

文章を入れる 目次バンクイックの借金を任意整理するときの注意…

みずほ銀行の債務整理体験談

友人と開業して大成功!分社化に失敗してしまい、莫大な借金を抱えてしまいました。

借入額600万円

友人の独立開業を手伝い借金!一時は順風満帆に見えたが陰りが見え莫大な借金地獄に!

借入額600万円

相続放棄の期間が過ぎて債務整理に追い込まれました

借入額4600万円

小規模個人再生手続きは債務額が大きいほど効果があります

借入額670万円

債権譲渡通知書が会社に届くと恥ずかしい思いをします

借入額1300万円

手形の知識は商売するなら必須です

借入額800万円