過食をするための食費にお金を借りました。

2017.11.29 更新

無職

借入先業者名
借入額
500万円
借入期間
5年3ヶ月
毎月の返済額
8万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は当時、正社員として会社勤めをしていました。私が勤めていた会社はいわゆるブラック企業で、毎日仕事に追われていたのです。さらに上司からのパワハラを受けていた私は、ストレスを発散するためにお菓子を食べていました。初めは普通に食べていたのですが、だんだんエスカレートしていきました。月に2~3回の頻度でお菓子を食べていたのが、週に1回、そして毎日と回数が増えていったのです。1回で使うお金も数千円から数万円へと金額が大きくなっていき、食費が生活を圧迫するようになっていったのです。気がつけば私は過食症になっていました。過食症になってからは給料からだけでは食費を捻出することが出来なくなり、過食をするためのお金を作るために借金をすることにしたのです。

一括請求の請求書が家に届きました。

<督促方法>差し押さえ
<督促の詳細>借金をし始めてから、過食がどんどんエスカレートしていきました。それに伴い、借金をする額も増えていったのです。借金をしては返すことを繰り返していたのですが、額が大きくなるにつれて返済が出来なくなっていきました。そしてその頃会社勤めに限界を感じ、仕事を辞めていたのです。そのため、余計に返済が滞ってしまいました。借金を滞納してからしばらくすると、最初は催促の電話が家にかかってくるようになりました。さらに日が経つと、一括請求の請求書が届くようになったのです。無職になってしまった私には、500万円もの大金を返済することは困難です。親に相談をしたところ、債務整理をした方がいいと言われました。そのため、債務整理をしてもらうために弁護士の方に相談をしました。

借金を片付けることが出来ました。

無職になった私には、借金を返済していける能力はありません。そして、一括で支払うことなど出来るわけもないので、債務整理をしてもらうことにしました。収入が途絶えてしまった私には、借金を毎月返済していくことは不可能です。そのため、自己破産をしてもらうことにしました。自己破産をすると数年間は借金が出来なくなりますが、過食症を治すいい機会だと捉えることにしたのです。親に借金のことで迷惑をかけたくないという気持ちもありました。弁護士の方に債務整理をしてもらい、借金を片付けることが出来てよかったです。借金問題の相談をきっかけに、無職になったことと、借金をしていたことを親に素直に話ました。過食症を治すために、今は実家に戻り自宅療養中です。弁護士の方に相談をしていなければ、今こうして生きていたかわからないです。弁護士の方には感謝の言葉しかありません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の相談費用は?任意整理の必要書類や持ち物について

目次債務整理の相談費用は無料|弁護士・司法書士事務所紹介 任…

知っておいて損はない、借金額と債務整理の「微妙な」関係

目次手続きの種類と目的、債務者の状況で債務整理の効果は変わ…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

モビットの債務整理体験談

それまでの自分と決別すること

借入額160万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

生活費に当てるつもりで借りました。

借入額180万円

彼氏が私名義で借金した後に逃げた為、私の借金になってしまった。

借入額200万円

FXに熱中。一攫千金を夢見ていつの間にか借金まみれに。

借入額330万円

任意整理で多重債務250万円が50万円に激減しました

借入額250万円