株で失敗をして借金地獄へ

2019.03.30 更新

借入先業者名
借入額
300万円
借入期間
3年11ヶ月
毎月の返済額
12万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

株で損失を出してしまい、そのまま辞めておけば良かったのですが、株で消えたお金がどうしても惜しかったので、それを取り返すべく借金をして再び株に投資をしました。ですが、負けの流れの時は負け続けます。明らかにマイナスの方向へ流されていきます。結局借金をしたお金までも株に消えてしまい、私は毎日呆然として過ごすようになりました。悪循環は止まらず、仕事でもミスをするようになったのです。結局、借金を借金で埋め合わせをして連鎖的に債務を負うことになりました。短期間で5社から借金をすることになります。このままではどうすることも出来ないので、私は6社目からも借り入れをしようとしましたが審査に通りませんでした。精神的にも落ち込みが激しくなり、自殺を考えてたほどです。

預金は残り3000円だけでした。

<督促方法>電話と取り立て、郵便での督促
<督促の詳細>6社目から借り入れる事ができなくなったときとうとう闇金に手を出してしまったのです。昔、闇金に手を出してはいけないと教わりましたが、その意味を借入後にようやく理解しました。消費者金融などと比べものにならないぐらい短期間の期限を設定されます。受付は普通の女性がしていましたので安心感がありましたが、いざ滞納をすると電話で怒鳴り声が聞こえます。怖くなった私は、二度と電話をとりませんでした。後日、休みの日には借金の取り立てが来ます。やくざ風の男がガンガンとドアを蹴飛ばし怒鳴り散らします。これでは会社に行っていた方がまだましです。そのうち会社にも取り立ての電話がいくのではないかと思い、心臓がドキドキとしていました。最悪の事態だけは避けなければなりません。

弁護士に泣きつきました。

私は、半分泣きながら弁護士さんに電話をしてサラ金に追われている事を話します。弁護士さんは一度事務所に来てくれれば止めることができますと言われたので、その日のうちに、まわりの目を気にしながら自宅を出ました。弁護士事務所に無事に到着すると、現在起こっている事をありのまま弁護士に伝えました。弁護士さんは驚いた様子もなく、私の話を最後まで聞いてくれました。すると『まずはサラ金の請求を止めるようにしましょう』と言ってくれました。なんと心強い一言でしょう。私は弁護士さんに勇気づけられて自宅に帰りました。すると、どうでしょうか。その日以来サラ金の脅迫がなくなりました。それと同時にサラ金以外の業者は任意整理をしてくれると言うことですのでお願いしたところ、70万円近く債務が減少したのです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

株やFXで巨額の借金ができたが債務整理は可能なのか?

目次株やFX取引が原因による借金も債務整理が可能なのか?自己…

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理を依頼するなら司法書士・弁護士どっち?費用や手続きの違い

目次債務整理にかかる費用は弁護士よりも司法書士の方が安い司…

三菱UFJニコスの債務整理体験談

車を手放せずに債務整理が遅れました

借入額400万円

借金生活から解放されました。

借入額200万

リボ払いは借金地獄の始まりでした

借入額200万円

取引期間が長ければ一連計算を主張する必要がありました

借入額200万円

リボ払いは打ち出の小槌ではありません

借入額160万円

分割払いをリボ払いに変えると危険です

借入額270万円