持病が悪化して働けなかった時に借金で生活を繋いでいました。

2019.03.22 更新

無職

借入先業者名
借入額
290万円
借入期間
9年6ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

持病が回復して働き始めたものの、残業に対応出来るほどの体力が戻っておらず、休職期間中に生活保護申請をしても断られてしまったので、返済しながらの生活は苦しい状態でした。毎月の返済を行うと生活費が不足してしまったので、再度借入を行う生活を繰り返していたら、借金が雪だるま式に膨れ上がってしまいました。借金で借金を返していたら元金がひたすら増えるだけですが、当時は毎日の生活がやっとの状態で考える余裕すらありません。いよいよ各社の借入枠が満杯になり、増枠申請も秘訣されて滞納状態に突入するしかありませんでした。4社からの借入があったものの、生活費として最低限残さなければならない金額以外を返済に充てるとどうしても1社だけ返済額が不足している状態になりました。

新たな借入が全て止まった状態で、借りて返すことすら出来なくなっていました。

<督促方法>電話による督促
<督促の詳細>ニチデンとアルコシステムの督促は半端じゃないと聞いていたので、大手のアコムとレイクを1ヶ月ごとに交互に滞納する状態が続きました。何とか残業をこなせるだけの体力が戻ってくるまでの辛抱と考えて、電話による督促に誠意を持って対応を続けている状態でした。勤務先に連絡が来た時には、次の連絡で失業する旨を伝えると会社への督促は無くなり、携帯電話のみになったので大手消費者金融は職を失わせることは避けることが分かりました。利払いのみへの切り替えにも柔軟な対応をしてもらえたので、毎月の収支を細かく計算して対応出来る範囲の金額を毎月提示することになったのです。支払わないわけではなく、仕事を続けていてそれでも収入が不足して払いきれない状況を理解してもらうことが先決だと考えて電話対応をしていました。

再度職場に督促電話が掛かって来たことで失業したのですぐに弁護士に相談して自己破産しました。

督促の電話対応に対しては、毎回真剣に向き合って現状支払える金額を提示した上で、仕事を継続出来るように話をしていました。しかし、派遣先への督促電話を再度担当者が変わったことで行われてしまい、派遣切りを受けることになったのです。消費者金融の担当者は、変わることがあるので過去の対応履歴を確認せずに督促電話をかけて失業に追い込まれることがあります。失業してしまってはどうにもならないので、すぐに弁護士へ相談して自己破産の手続きを依頼しました。任意整理も検討されましたが、失業したことで支払える見込みが無くなったことから、綺麗に債務を清算することにしたわけです。借金の督促に個別対応を期待してしまったことが、失敗の元凶でした。何とか払える分だけは返済を続けようという意思表示を行っていたにも関わらず、仕事を失うことになってしまったので、自己破産を行うことに迷いが無くなり吹っ切れたのだと考えています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理で口座凍結?銀行カードローンで注意すべきポイント

目次任意整理をすると銀行口座が凍結されることも……任意整理の…

弁護士に債務整理の依頼をする前に…知っておきたい費用や探すポイン…

目次債務整理の手続きを弁護士に依頼するメリット5つ1.最適な…

モビットの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次モビットの借金を任意整理すれば、周囲に秘密で返済額を減…

レイクの債務整理体験談

自分の実力と勘違いしていた時期でした

借入額200万円

妻に内緒のもうひとつの家庭

借入額400万円

店が赤字で生活費が足らなくて借金をしました

借入額300万円

やってみたら簡単でした

借入額150万円

250万の借金を背負った私が任務整理を選択するに至った話

借入額250万円

まずは気軽に相談ができる過払い金請求

借入額190万円