ギャンブルで大負けをして借金地獄に陥りました。

2019.03.22 更新

借入先業者名
借入額
220万円
借入期間
2年4ヶ月
毎月の返済額
9万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私が大学を卒業してから派遣社員として働いていました。趣味はギャンブルでした。ギャンブルは持ち金がなくなるまで使うことが多かったのです。私がこれほどまでに金遣いが荒いのは、両親がお金に厳しい人だったからです。わたしはそんな両親の金銭感覚が嫌いなまま大人になってしまったため、浪費癖がついたのかもしれません。
ギャンブルで預金もなくなってしまったところで、次のレースは勝てるだろうというレースが待っていました。そこで、10万円をキャッシングで借ります。すべてをかけて3倍のお金を手に入れる予定でしたが、大敗をしました。それからは両親に顔向けできない生活をするようになりました。私は一人暮らしをしていたので、電話ぐらいでしか両親と話しませんでしたが、両親からすれば、どこかおびえたように感じたかもしれません。借金は、最終的に4社から借り入れをしたことになります。

持ち金は0円でした。

<督促方法>郵便での督促
<督促の詳細>給料は相変わらずギャンブルに使っていましたので、返済するお金もなく、4社からの借り入れはとうとう返済できない状態まで追い込まれていきます。私はまだギャンブルで勝って取り返そうという気持ちになっていた反面『そろそろ無理かな』と自信なさげなことを思い始めました。借金は期限までに返済することができず、滞納状態が続きます。入った給料で支払っても別の会社のローンが滞納になります。とうとう、どうすることもできなくなった私のもとに1枚の督促状が届きます。督促状は期限までに支払って欲しい旨書かれているだけでしたが、内心はかなり不安を感じていました。2ヶ月滞納する頃には、とうとう何通もの督促状が来ましたが、その1つに『次の期限までに支払いが確認できない場合は、訴訟を起こします』と書かれていた物があり、手足が震えるのを感じたのです。

弁護士さんに相談して、任意整理をお願いしました。

私は、インターネットの広告で見つけた弁護士さんにお願いをして、任意整理をしてもらうことにしたのです。弁護士さんから特に叱られたことはありませんが、『もっと早く来ればよかったのに』と言われました。確かにその通りです。私がここまで滞納してしまったのは両親にばれたくないからと言う気持ちが心のどこかに在ったのでしょう。元学校の教師の両親が知ったら勘当されるに違いありません。そこで、弁護士さんにお願いをしました。『どうか両親にだけはばれないようにしてください』と。すると弁護士さんは『任意整理であればばれませんよ』と笑顔で言ってくれて、その言葉を聞いた私は安心するとともに、今までこらえていた何かが一気に爆発するように涙が出てきました。
3ヶ月後、債務が50万円ほど減額される事を知って、私は返済できるようになりました。今でも心のどこかで両親に対して申し訳ないことをしたという気持ちが残っています。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

学生の債務整理カンタン解説 返せない借金の相談先は?

目次任意整理とは?大学生でも手続きすることはできるの?奨学…

債務整理に関係のある色々な期間について理解しよう

目次「債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合」に…

任意整理を弁護士や司法書士などの専門家に断られるケース

目次弁護士・司法書士に任意整理の手続きを断られる3つの理由【…

レイクの債務整理体験談

膨れ上がった借金に困っているなら相談しよう

借入額230万円

自己破産の不安が解消されました。

借入額220万円

ホストクラブに嵌ってしまって借金地獄になりました

借入額170万円

浪費が原因で収入では返し切れない借金をしてしまいました。

借入額100万円

身も心も軽くなる瞬間

借入額350万円から金利などを含んで400万円近くになりました

個人事業主には限界があることを知っておくべきでした

借入額300万円