浪費癖があり、借金をすることに。

2019.02.06 更新

主婦

借入先業者名
借入額
370万円
借入期間
3年
毎月の返済額
14万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私たち夫婦は、もともと二人で月収が60万円ほどありました。そのおかげでいい生活をすることができていました。20代にしてマイホームを手に入れる事ができたのはその月収のおかげだと思っています。そのままイージーモードで歳をとっていくのかと思えばそんなことはなく、勤めていた会社が倒産し、私は別の職場に変えました。やがて転々と仕事を移っているうちに月収が35万円まで落ちてしまったのです。ですが、月収60万円の時の生活レベルから落とすことができず、貯金を使い果たし、借金をするようになりました。借金については妻が勝手にした物ですので、私は後に知ることになりました。借金をしてからも相変わらず生活レベルを昔のまま維持し続けて、気がついた時には借金300万円を越えていたのです。

すでに夫婦の手持ちの金額は3万円しかありませんでした。

<督促方法>督促の郵便と電話
<督促の詳細>借金が日に日に増えていく現実を前にして、何を削るかと言う話になったのです。住宅ローンを滞納すると私たちは半年もすればすべて差し押さえられてしまうでしょう。ですので、それ以外の所を削るしかありませんでした。そこで子供の給食費を削ることにしたのです。今思えば愚かな親だったと思います。本当に子供には申し訳なかったと思っています。また、車も売却をしました。それでも間に合わないので、他から借り入れをしようとしても審査に通らない状態です。とうとう、私たちは滞納してしまいました。滞納してから10日ほどすると督促状が来ます。ですが、支払いたくても支払うことができないのが現実でした。やがて電話が私の携帯電話に鳴り響きます。妻は私の電話番号を使って借り入れをしたのでしょうか。いずれにしてもこの状況のままでは一家離散するしかなくなります。

両親に借りに行きましたが断られた後、司法書士に相談しました

私たちは両親にお金を借りに行きました。ですが、どちらの両親からも断られます。退職をして年金暮らしなのですから当たり前です。そこで、私達は弁護士事務所に相談に行きました。正直今までの話をするのがとても恥ずかしかったのですが、隠し事をしても為にならないので、一部始終話をしました。すると弁護士さんは笑顔で言ったのは、『それは大変でしたね』というねぎらいの言葉。私たちはうるっとしてしまいました。弁護士さんが提案をしてくれたのは、個人再生です。過払い金も特になく、任意整理をするメリットも少ないと言うことと、債務額が所得に対して大きい上に、住宅ローンの支払いもあることから、個人再生を選んだというわけです。個人再生は4ヶ月経過したぐらいに決定しました。それからは毎月の支払い額が3万円で住むようになったのです。弁護士さんに感謝をしてもし切れないぐらいです。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

イオンカードの返済に困った!任意整理で借金の返済額を減らせる

目次イオンカードなどのクレジットカードも任意整理できるクレ…

債務整理の費用は分割払いできる?

目次債務整理をする場合、裁判所や専門家への費用がかかる!裁…

債務整理は生命保険に影響しない?変わらず契約するために必要なこと

目次債務整理をすると生命保険は強制的に解約になる?生命保険…

楽天カードの債務整理体験談

毎月8万円も返済が任意整理で3万円以下に減りました

借入額350万円

独身仲間が儲けを出したと言う株を買う為、借金。

借入額200万円

自己破産のデメリットはあまりない

借入額170万円

病気治療のために借金を負いました

借入額180万円

債務整理をして得ることが出来た平穏

借入額400万円

現実的なのは任意整理ですね

借入額170万円