ギャンブルにのめり込んでしまい、借金地獄に。

2019.03.14 更新

借入先業者名
借入額
50万円
借入期間
2年
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

友人から誘われて、競馬にいく機会がありました。全く自分もはまるとは思っていませんでしたが、たまたま賭けた馬が、大穴だったようで一度で莫大な配当金を得ることが出来ました。当時は、普通に会社員として働いていましたが、そのときもらっていた給料の4倍近くは配当金として得れたので、競馬にのめり込んでしまうことになったのです。
のめり込んでからはというと、毎日のように競馬に通うようになり、挙げ句の果てには、仕事を休んでまでいくようになりました。そういう素行の悪さが露呈してしまったせいか、仕事はクビになってしまったのです。そして、競馬には負け続けてしまいました。しかし、それでも競馬はやめることが出来ず、借金をしてまで競馬をするようになってしまったのです。

催促の電話が鳴り止みませんでした。

<督促方法>電話
<督促の詳細>キャッシングをしてから、最初のうちは働いていたので、問題なく支払いを済ませており、仕事をクビになってからも失業保険等でまかなっていました。しかし、その分競馬に賭けていたりしたので、次第に支払うことが出来なくなっていました。問題は、四ヶ月程滞納してしまった頃に起きてしまったのです。いつも通り生活をしていると、一本の電話が鳴り、借金の催促の電話でした。アコムから直接かかってきており、返済についての目処を立てて電話を切ったまでは良かったのですが、翌日また電話がかかってきました。同じ内容で、早く借金を返済してほしいとのことでした。返済の目処について話したことを伝えると、早く支払ってもらわないと困るといわれ、少々口調が荒かったので、脅迫にも思える程でした。

弁護士に電話をやめさせてもらいました。

あまりにも電話の内容が、脅迫じみており、場合によっては夜の10時頃に電話がかかってくることもありました。さすがに、違法だと思ったので弁護士に相談して、その催促の電話だけでもやめてもらうようにしたのです。
相談してから、アコムに催促の電話をやめないと法的処置をとるという旨の手紙を送付しました。すると、送った時から電話がくることはありませんでした。また、ついでに債務整理についても相談して、過払い金請求を行うことになったのです。
アコムは、2006年程に高金利で貸し付けを行っていたので、過払い金が発生している可能性があるとのことで、私もその時期にキャッシングをしていましたし、請求の手続きを進めました。時間がなかったこともあり、和解交渉で返還を求めましたが、8割の返還率で返してもらい、半分を借金返済に充てることで、借金問題を解決出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理でブラックリスト入り…デビットカードは利用可能?

目次債務整理後でもデビットカードは発行・利用できるデビット…

ギャンブルの借金をなくすために債務整理する際の注意

目次債務整理の注意点とは?借金の原因が「ギャンブル」の場合…

債務整理すると家族に迷惑をかける?家族への影響と注意点について…

目次どの債務整理を選ぶかで家族への影響は異なる任意整理が家…

アコムの債務整理体験談

債務整理による借金地獄からの脱却

借入額150万円

予想以上に費用が安かったです。

借入額80万円

見栄を張った生活のためにキャッシングリボで借金地獄に陥りました

借入額175万円

借金で悩んでいるあなたへ!!

借入額180万円

個人再生手続きで借入額を減額しました

借入額500万円

生活費を補うために、借金をしました。

借入額150万円