怪我をしてしばらくの間働けなくなり、その間の生活費などを借りました。

2019.03.13 更新

アルバイト・パート

借入先業者名
借入額
250万円
借入期間
3年2ヶ月
毎月の返済額
6万5千円

借金をしてからの、生活や環境の変化

僕は、肉体労働系の仕事をずっとしていました。そして、運悪く脚に怪我を負ってしまったのです。病院で診断してもらうと、全治6ヶ月だと言われました。その間は働きに行けないため、収入が途絶えてしまいます。僕は1人暮らしをしていたので、家賃などの支払いを自分でしないと家を追い出されてしまいます。フリーターの収入では貯金をすることは難しく、数万円ほどしか通帳には入っていませんでした。そのため、消費者金融で生活費を借りることにしたのです。収入が少ないため、1つ1つの会社で借りられる額も小さいです。したがって、数ヶ所からお金を借りることにしました。お金を借りるたびに早く仕事に復帰したいと思っていました。返していけるのかという不安や焦りがあったからです。

一括請求の支払い書が届きました。

<督促方法>一括請求
<督促の詳細>怪我が治って無事仕事に復帰することが出来たのですが、そのころには借金の額が大きくなっていました。フリーターの収入では返済していける額ではありません。毎月のように、家には催促の電話や督促状が届きました。それを見るたびにどうしていいのか分からなくなり、不安や焦りに心を蝕まれていったのです。誰かに相談をすることが出来たらよかったのですが、借金をしていると知られるのは嫌でした。生活費のためとはいえ、一般的には借金はギャンブルなどで作ったものだというイメージを持たれがちです。そのため、お金にだらしがないと思われたくなかった僕は、誰にも相談せずに日々を過ごしていました。そして月日が経ち、とうとう一括請求の支払い書が家に届いてしまったのです。今までは催促だけだったので、一括請求の文字を見たのは初めてだから怖かったです。

ネットで債務整理というものを知って、弁護士に相談しました。

一括請求の支払い書が家に届き、いよいよ焦りました。催促の電話などはどうしていいのかわからずに無視していましたが、一括請求ともなればそうはいきません。給料の差し押さえをされう可能性があったからです。しかし、分割でも支払いが出来ないのに一括で支払うなど到底無理です。困った僕は、借金の問題を解決するためにはどうしたらいいのかをネットで調べることにしました。そして、債務整理というものをすると借金の問題を解決出来ると知り、弁護士に相談することにしました。弁護士に相談した結果、僕は任意整理をすることにしたのです。任意整理なら借金の支払額を、毎月支払っていける額に調整をすることが出来ます。弁護士に相談したことで一括で支払わなくてよくなり、なおかつ借金の返済もきちんとしていけるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理するべき基準と知らなきゃ損する年収との関係

目次債務整理はどのタイミングでするのがベストか債務整理する…

借金を減らしたい!借金減額する方法を詳しく解説

目次借金は減額できるの?その方法は?債務整理とは?債務整理…

債務整理の取引履歴の開示請求とは

目次取引履歴の開示請求って?取引履歴の開示請求が必要な理由…

モビットの債務整理体験談

夫への密かな憂さ晴らし

借入額230万円

クレジットカードで浪費をするようになり、借金地獄になりました。

借入額300万円

夫に内緒の買い物を重ね借金漬けに

借入額120万円

父親の借金を相続しました。

借入額450万円

CMは嘘だと思っていましたが200万円の過払いが戻ってきた

借入額150万円

抗がん剤にはお金がかかる

借入額500万円