事業で失敗をして借金をすることに。

2019.03.13 更新

会社員

借入先業者名
借入額
290万円
借入期間
2年9ヶ月
毎月の返済額
10万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私は、サラリーマンをする傍ら、週末起業でビジネスをしていました。いずれサラリーマンを辞めて週末起業を本業にしようとしていたのですが、あろうことか、大事な局面で失敗をして大損しました。とりあえず、有り金をすべてつぎ込んだのですが、それでも間に合わず、カードローンでなんとか埋め合わせをしました。さすがに貯めておいたボーナスまでなくなってしまったことは大変なショックでした。しばらくして返済が終わると、再び副業の方で危機が訪れたのです。そこで200万円以上の借金をすることになりました。私の生活を豊かにしていずれ本業になるはずの副業が、本業の足を引っ張るとは思ってもいませんでした。しばらくは遊び、酒、たばこは自粛をしていましたが、どう考えてもそれだけで借金を返せるとは思えません。そう考えると、胃がきりきりと痛み始めます。

預金通帳には850円だけしかありませんでした。

<督促方法>郵便での督促状
<督促の詳細>私が滞納をし始めたのは、6社目に借り入れをしようとして審査が通らなかったからです。別の会社に申し込んでもやはり同じ答えでした。そこまで行くといよいよ崖っぷちが目の前に見えて来ます。クレジットカード現金化や闇金が手ぐすねを引いて待っている感じがしましたが、そこはあまりにも危険だろうと思い、利用しませんでした。結果的に滞納をして督促状を受け取ることになります。督促状に書かれた期限までにお金が用意できればいいですが、どうやら無理そうでした。そんな矢先に私は過労のため倒れてしまいました。数日入院をすることになり、仕事もできません。看護師さんに現状を話すと、私の主人も昔事業に失敗して大変な時期があったと教えてくれました。でも諦めずに動き続けたら切り抜ける事ができたといいます。その言葉を聞いて、私は胸に沸々とこみ上げて来る熱い物を感じました。

弁護士さんに任意整理をしてもらいました。

私は、とにかく行動しようと決意すると、退院してからすぐに弁護士さんに相談をしました。私の知り合いに弁護士さんはいませんでしたが、知り合いの知り合いに債務整理に強い弁護士さんがいるという話を聞いたので、紹介してもらうことにしたのです。私は、弁護士さんに借金をして滞納するまでの顛末を話すと弁護士さんは『過払い金もあるようですね。任意整理をしてみてはどうですか』と勧めてくれました。これを拒否する理由は、一切ありません。とりあえず妥当な解決方法だと思った私は『お願いします』と二つ返事をして、過払い金請求が決まったのです。弁護士さんが業者に情報開示をしてからは督促がピタリと止まりました。驚くことばかりです。数ヶ月が過ぎた頃、弁護士さんから電話があり、過払い金請求がうまくいったことを知らせてくれたのです。おかげで私の債務は減額し、毎月5万円の返済で済むようになり、3年後には完済をすることができました。その弁護士さんには感謝してもしきれません。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理はいくらからできる?借金の返済額などの基準

目次任意整理をするための条件に、借金の額の大きさは関係がな…

ポケットカードの借金を債務整理する前に!気をつけておくべきポイ…

目次ポケットカードの特徴ポケットカードの借金を債務整理する…

債務整理後はローンやキャッシングなど借り入れできない!どうして…

目次債務整理後でもお金を借りたい!審査はいつ通る?原則5年間…

楽天カードの債務整理体験談

仕事の先輩との付き合いが多く借金。

借入額120万円

携帯電話の支払いに借金をしてしまい、借金を繰り返すようになりました

借入額200万円

スロットに行きたくて借金をしていました

借入額220万円

ようやく肩の荷が下りました

借入額160万円

美容に力を入れて借金を作ってしまいました

借入額210万円

地方への転勤を機にキャッシングを利用、金銭感覚の欠落により自己破産

借入額300万円