パチスロにはまり収入27万円を毎月すべてつぎ込み借金地獄に。

2019.02.06 更新

借入先業者名
借入額
60万円
借入期間
1年6ヶ月
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

アコムから50万円、レイクから10万円の融資を全て借り尽くして滞納を3ヶ月してしまい、どこの金融会社からも融資を受けることができず家には督促状が届き家族に借金をしていることがばれて夫婦仲が悪くなって行きました。滞納期間中に金融会社からの電話に一切出なかったことで、勤め先の会社に連絡されて会社の上司に借金が返せないようであればクビにすると解雇予告されてしまいました。しかし、スロットにはまっていた私は歯止めがきかず借金があるにもかかわらず給料のすべてをスロットにつぎ込み一切借金を返すことがなかったので、会社に再度連絡が行き上司からクビを宣告されて仕事も失ってしまいました。仕事が無くなったことを妻に伝えると、妻は食事制限を行ってできるだけお金を使わず借金返済にまわすよう努力してくれました。

一切返せるお金が無い状況でした。

<督促方法>電話・郵便での督促
<督促の詳細>借金返済の期日を過ぎた翌日から携帯電話に連絡が来ていましたが、一切電話に出ず無視をしていると会社に督促の電話が行きました。それでもお金が無い私は借金返済に応じず最終的に家の車や家具や宝石類などを差し押さえされてしまい、最低限の生活も送ることができなくなってしまいました。差し押さえを受けて押収された物品では借金返済額に届かなかったため、保証人であった親に連絡が行き肩代わりするよう何度も連絡が行きました。しかし、母親は生活保護受給者の為お金が無く仕事にも就いていなかったので借金の肩代わりができず、金融会社は唯一家に残されていた冷蔵庫や炊飯器などすべての物を没収し、私と妻は電気代や水道代も払えず家から追い出されることになってしまいました。

債務整理ができないか知り合いの弁護士に相談しました。

家のすべての家具を没収され家賃も払えなくなった私は知人の弁護士の方に相談して、仕事を見つけるまで借金を待ってもらえないか交渉してもらうことにしました。弁護士の方は返済を一時停止し借金の返済額を減らすよう債務整理を行って私や妻が最低限の生活を行えるよう支えてくれました。さらに、差し押さえの際に脅迫じみた発言を録音しておいたので、弁護士にその録音を聞いてもらうと訴えることができると知り、弁護士を通して警察に提出してもらいました。警察に事情聴取で呼び出された際に真実を全て話して金融会社が今後脅迫を行わないよう警察が対応してくれたおかげで、それからは金融会社がしつこく連絡してこなくなって債務整理を行ったことで借金の返済額が大幅に減少し最低限の生活が送れるようになりました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

債務整理の郵便物はどこに届く?

目次債務整理を依頼すると、債権者からの督促も止まる専門の弁…

法テラスなら安く債務整理できる?利用方法や注意点を解説

目次法テラスとは?法テラスの「民事法律扶助」とは?民事法律…

任意整理後の賃貸契約で注意すべき点

目次任意整理してブラックリストに載っても賃貸契約を結ぶこと…

レイクの債務整理体験談

借金に困ったらまずは過払い金請求を

借入額130万円

過払い金請求で借金問題を解決

借入額170万円

まさか自分が?最終的に自己破産を選んだ私の体験談

借入額400万円

競馬で負けて、借金をすることになりました。

借入額210万円

浪費癖が招く当然の結果

借入額300万円

自営業は簡単ではありませんでした

借入額320万円