趣味のパチンコに夢中になって借金を作ってしまいました

2019.04.09 更新

借入先業者名
借入額
90万
借入期間
2年1ヵ月
毎月の返済額
6万

借金をしてからの、生活や環境の変化

楽天カードから50万円、プロミスから30万円、ノーローンから10万円くらいの借金がありました。ノーローンだけは1週間無利息が何度でも適用されるので借りても必ず1週間以内に返済するようにしていました。しかし、楽天カードやプロミスは何度も返済が遅れて、催促の電話が自分の携帯にかかってくる事が多かったです。借金の原因は会社帰りのパチンコやスロットになります。独身で給料が自由に使えるのをいい事に気が付いたら借金を作るまでのめり込んでしまいました。しかも、会社から家まで電車で1時間くらいかかるので、パチンコをした帰りには家に帰るのが面倒になり会社の近くのホテルやカプセルホテルに泊まる事も多かったです。こういう宿泊費でも月に5万くらいは使っている状態でした。

1週間無利息のノーローンだけはしっかり返済していました

<督促方法>電話の催促が多かったです
<督促の詳細>パチンコに嵌っていた時には家にはあまりいなかったので携帯にばかり催促の電話がきましたね。たまに、自宅に戻るとポストに請求書が入ってる事もありました。催促がきた時にはできるだけ返済していたので一括返済の要求は一度もありませんでした。ノーローンは1週間無利息でしたので、その場しのぎの返済をする時に重宝しました。全額返済するのはノーローンだけで楽天カードとプロミスだけは金利だけ払うような状態だったと思います。パチンコは行っても8割くらいは負けるとわかっていましたが、自分はお酒も飲めなくて風俗なども嫌いでしたのでパチンコでしかストレスを解消する方法がありませんでした。たまに勝つ時もありますが、やはりトータルは大幅なマイナスでしたので楽天カードとプロミスは限度額まで借りるようになってしまいました。

金利だけは返して、一括返済の連絡だけは避けるようにしていました

ついに、1週間以内に全額返済していたノーローンの方も全額返済はできなくなり、本格的に危機感を感じるようになりました。その時にパチンコをやめる決心をして他に趣味を見つけようと思いました。急に大好きなパチンコをやめるのは難しかったですが、1円パチンコの方を打つようにしたのでトータルの負けは4分の1になりました。1円パチンコを続けてる内に少しずつですが飽きてきて会社の帰りにまっすぐに家に帰る事も増えていきました。パチンコのトータルの負けが減って会社の近くのホテルやカプセルホテルに泊まる事も少なくなったので金銭的に余裕ができるようになりました。それからは、3社の借金もどんどん返済する事ができてボーナスは全額返済に回したので半年で全額返済する事ができました。現在は1円パチンコすらほとんどやらなくなりましたね。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

楽天カードの借金返済体験談

給料の補てんのために借入て以来、借金生活。

借入額120万円

様々なギャンブルを行い借金。返済よりギャンブルに使い返済不可能に。

借入額100万円

娯楽や趣味の車にお金を使いすぎて借金をするようになりました

借入額250万

正社員として初めて就職したころ、仕事のストレスとカード決済の気軽さから買い物にハマりました。当時の月収は16万、請求が多い月で5万ほど来たのでリボ払いに変更すると余計に返済困難になりました。

借入額90万