ギャンブルにはまってしまい借金地獄に。

2019.01.11 更新

借入先業者名
借入額
40万円
借入期間
2年
毎月の返済額
2万円

借金をしてからの、生活や環境の変化

私はアコムから借金をしていたことがあります。理由はギャンブルでした。フリーターとして働いていましたが、あまり収入が安定しておらず、月に稼げる時もあれば、全く稼げない時もありました。また、それでもギャンブルをしてしまうため、結果マイナスになってしまい、収支計算を出来ず借金をしてまでギャンブルをしてしまったのです。
もちろん返済出来る目処は全く経っていませんし、滞納することも普通にありました。5ヶ月程借金を滞納していたのですが、滞納し続けた結果催促の電話が鳴り止みませんでした。それからはというと、ギャンブルをするのを少しずつ控えていき、徐々に返済していくことにしたのです。定期的に2万円ずつ返済していましたが、それでも常に借金返済について考えることには変わりありませんでした。

電話メインで脅迫にも匹敵する電話がかかってきました。

<督促方法>電話
<督促の詳細>借金をしている理由は生活費の支払いのためでしたが、経済状況が不安定で支払えないこともあるという旨を伝えても、人の話を聞かないで支払うようにの一点張りでした。そこから、確かに毎月支払っていたのですが、それでも電話がかかってきていました。そして、支払った旨を伝えても、多く支払うことが出来るかということや、もう一度その月に支払いが可能かということを聞いてきました。さすがに、契約した時の状況とは違っていました。確かに、5ヶ月滞納したことがありましたが、それが原因だとしても理不尽だと思います。差し押さえや一括請求は、ありませんでしたが、脅迫にも匹敵するような口調で電話がかかってきていたので、バイトにも集中出来ない日々が続いていったので、法的処置をとろうとも考えていました。

弁護士に相談して問題を解決しました。

弁護士にメインで相談したのは、電話をどうやったら解決出来るかということです。あまりにも電話が酷く、口調も脅迫じみていたので一刻も早く解決したかったので、法的処置をとってもらうことになりました。裁判寸前までいきましたが、和解交渉によって電話をやめることに成功したのです。
次に借金の支払いに関してです。債務整理をすることで、減額を考えていました。私のおかれている状況からは、過払い金請求が一番妥当だったので、まずは利息を求めるため引き直し計算から始めました。利息制限法に基づき計算をしてみると、30万円の過払い金があることがわかりました。そこから、弁護士の取り分10万円を引いても借金返済に充当出来る十分な額になったので、返戻してもらう手続きを進めたのです。結果、2ヶ月程で返戻されたので、借金問題を解決出来ました。

この体験談に役立つ情報はこちらです!

プロミスの借金を任意整理する前に知っておきたいポイント

目次将来利息をカット!大手消費者金融、プロミスの借金を任意…

債務整理でブラックリストに載ることによる生活への影響と対処法

目次債務整理をするとブラックリストに載るそもそもブラックリ…

任意整理で借金の元金減額も可能?減額されない時の対策も紹介

目次任意整理でいくら借金が減る?その仕組みとは減額のポイン…

アコムの債務整理体験談

過払い金返還請求訴訟を提起して判決を得ることが重要です

借入額200万円

生活費が足らなかったので借金をしました。

借入額230万円

債務整理をして先の見えなかった借金生活から解放されました

借入額200万円

事業で失敗をして借金を作りました。

借入額220万円

友達に貸したお金が戻らないため借金地獄に

借入額90万円

親の医療費を工面して多重債務になりました

借入額250万円